PP-19

ゲーム内解説

 ロシア製のサブマシンガン。
 ヘリカル構造の大容量マガジンを持つ。

使用弾 55 [9x18mm Makarov]
連射速度 900
自動射撃
単発射撃 ×
バースト射撃 ×
射程距離 短い

備考・使用感など

 DLCのBack To Karkandで追加されたPDW。
 低威力でレートが高く、マガジン弾数が多めと言う、P90と似たスペックを持つ。

 実際に使ってみると横方向のリコイルがかなり小さく、狙ったとおりに素直に飛んでくれる印象。
 威力の低さが足を引っ張ることもあるが、思い通りにスパスパ当てることが出来る感触は、
 フルオート時の反動が強化された今となっては、他には無い良さといえる。
 比較対象になるであろうP90、MP7は、近距離以遠で暴れて当てられない場面も多いが、
 このPP19では撃ちもらしが少なくなる事請け合いである。

 P90と比べて最大ダメージと弾速に劣るが、最低ダメージと弾数で勝りサプレッサーと相性が良い。
 裏取り、奇襲用の武器に最適。
 撃ち切った際のリロード速度はPDW中最遅なので注意。

アイアンサイト

pp-19-z.png
なお、パッチ最新版ではアイアンサイトに白いドットが付き、若干狙いやすくなっている。

武器拡張

アタッチメント Kills アクセサリー1 Kills アクセサリー2 Kills
KOBRA(RDS) 10 レーザーサイト 20 サプレッサー 30
PK-AS(ホロ) 40 タクティカルライト 50 フラッシュサプレッサー 60
PK-A(3.4x) 70 ---- -- ---- --
ACOG(4x) 80 ---- -- ---- --
リフレックス(RDS) 90 ---- -- ---- --
IRNV(IR1x) 100 ---- -- ---- --
ホログラフィックサイト(ホロ) 125 ---- -- ---- --
M145(3.4x) 150 ---- -- ---- --

ゲーム外解説

ロシア製のサブマシンガン。Bizon(ビゾン)と呼ばれることも。
最大の特徴が大容量で筒状のヘリカル・マガジン。内部にらせん状の溝があり、ここに弾を装填する。
副次的に出っ張りが少なくなるので、伏せ撃ちがしやすくなるという利点もある。
部品の約6割をAK-100シリーズと共有しており、動作メカニズムはAK-74そのまま。
主に特殊部隊に配備され、救出作戦などに使用されるようだ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル