諸説考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネットに行き交う恵方巻諸説をいくつか考察してみた


1:関西(主に大阪)の恵方巻(丸かぶり)のルーツ

関西の人たちに恵方巻(丸かぶり)が広まっている主原因は30年以上続けられているという 大阪海苔協同組合 (大阪市北区)が主催する「海苔チャリティーセール」ではないかと見られます。

→海苔チャリティーセールの記事(http://namba.keizai.biz/headline/1158/

大阪海苔協同組合 は『大阪船場の商家に江戸時代から伝わる行事』や『縁結び』などもっともらしい由来を掲げていますが、その 大阪海苔協同組合 の事務局長(1990年当時)だった藤森秀夫氏が

『船場の旦那衆が節分の日に、遊女に巻きずしを丸かぶりさせて、お大尽遊びをしていたことに端を発する』

と証言しているのです。

つまり、関西の 大阪海苔協同組合 ルートによる恵方巻丸かぶりは《セクハラ巻》と知っていながら広められた事は間違いないようです。

→女子大生に恵方巻というセクハラをするチャリティーイベント(http://ameblo.jp/ebisubashisuji/entry-10786655976.html
→ソース:沓沢博行氏(学芸員)比較民俗研究(pdf資料


2:栃木県の磐裂根裂神社が恵方巻の起源だという情報

ネット内に磐裂根裂神社起源説がまことしやかに漂っていますが、以下の栃木のニュース記事を見ると、

壬生町の磐裂根裂神社では、太巻きを食べて今年1年の無病息災を祈る祭りが行われた。この習慣は関西を中心に行われているが、刀川清満宮司によると9年前、同神社が県内の神社で初めてこの行事を取り入れたという。

と、磐裂根裂神社の宮司さんは2000年から取り入れたと言っています。

磐裂根裂神社起源説はウソ。

それなのに何でこんなウソがネット内で散見されるのでしょう?

恵方巻が由緒正しい由来を持つものだと 錯覚 させたい勢力でもいるのではないかと勘ぐりたくなりますね。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。