※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初期デッキ&攻略法:パック

※リンク、カード正式名、50音順、上位下位、チェック待ち。
  • 合計40枚+04枚
  • 上級03枚
  • 下級19枚
  • 魔法11枚
  • 罠07枚
  • エクスト04枚
  • シンクロ04枚


  • サイドデッキ15枚
  • 上級02枚
  • 下級03枚
  • 魔法05枚
  • 罠05枚


初期デッキの特徴

  • 特徴
全体的に単体でも強力なカードを詰め込んだ【スタンダード】に近い感覚のデッキ。前作までの初期デッキと比べて大幅に強化されており、序盤ならこのままでも十分勝ち抜ける。
パックやストラクチャーデッキを購入し、「サイクロン」等の強力な制限・準制限カードを導入していきたい。

このデッキでの戦略

  • 総評
地道にモンスターを出しつつ、コツコツとライフを削るタイプである。
相手の破壊効果や場離れ効果を適用されても、守りを固められる様に手札のモンスターを温存したり、一気に畳みかけるターンに切り替える等、手札や場のカードと相談しよう。
  • モンスターの展開
特殊召喚は、シンクロを除くと巨大ネズミ素早いビッグハムスターナチュル・チェリーリミット・リバースなど。
これらのカードを駆使して、早期にアドバンス・シンクロ召喚を狙いたい。
  • 攻撃
主力となるのはやはり高レベルモンスターである以下の5枚。
氷帝メビウス
雷帝ザボルグ
大地の騎士ガイアナイト
ライトニング・ウォリアー
マジカル・アンドロイド
幸いシンクロモンスターはいずれも素材制限は無いため、特殊召喚や収縮による迎撃等を活用しシンクロやアドバンス召喚を狙いたいところ。
下級アタッカーは一定の数がそろっているので攻撃には苦労しないはず。アーマード・ビーは相手の切り札を一枚で処理出来るカードなのでできるだけ温存したい。
  • 守備
  • コンボ
戦況をワンターンでひっくり返す即効性のコンボは少ないため、次のターンを見据えて戦況を分析・判断する戦略となる。
1章は相手のデッキもそれほど強烈ではないため、手札次第では楽勝である。
コンボ(?)を狙うとしたら以下の通り。次ターンまで待つ遅効性のコンボが多いため、慎重に戦略を練ろう。
戦闘破壊でデッキの攻撃力1500以下地属性特殊召喚効果を持つ巨大ネズミ。次ターンのアドバンスやシンクロ狙い。

強化方法

  • パック購入による強化
基本的にはストラクチャーデッキの購入を優先したい。制限カード等の強力カードが確実に手に入る。
それ以外では、シンクロ覚醒!!(P)11で、氷結界の龍ブリューナクA・O・Jカタストルサイバー・ドラゴン
ワームの侵攻!!(P)11ではゴヨウ・ガーディアンといった切り札、主力級のカードが手に入る。
なるべく早期に手に入れておきたい。パスワード入力で手に入れるだけの価値はある。
ただし2011/3/01の制限改定でゴヨウ・ガーディアンが禁止になるため、この制限を導入するなら注意が必要である。
ただしこちらの制限の場合、BEGINNER'S EDITION 2(P)11やストラクチャーデッキ に入っている、大嵐が制限になる。 配信リストではどちらかが禁止orどっちも禁止しかないので、どちらかを諦めるしかない。

最初から登場しているパックのうち
BEGINNER'S EDITION 1(P)11
BEGINNER'S EDITION 2(P)11
EXPERT EDITION 1(P)11
EXPERT EDITION 2(P)11の4種類は250種類を超える膨大な収録数を誇るため
欲しいカードを引き当てるには相当な運とDPが必要になる。
DPの乏しい序盤にこれらのパックを買うのはあまりお勧めできない。
ただし、ストラクチャーデッキにも入っていない強力な制限カードは、DPに余裕があれば獲得しておきたい。
ブラック・ホール死者蘇生BEGINNER'S EDITION 1(P)11に入っている。
また、聖なるバリア-ミラーフォース-BEGINNER'S EDITION 2(P)11に入っている。


  • パスワードによる強化
メインの帝2種やアーマード・ビー、エアベルン、ボマー・ドラゴン、ライコウ、シンクロモンスター4種。
早めに増やしておくと攻略が楽になる。パスワードに関してはGoogleの画像検索でカード名を入力すれば分かる。