<メディアール講座>受講生募集中!! 松本昌次と読む珠玉の戦後文学エッセイ ~朗読・解説・ディスカッション~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<メディアール講座>受講生募集中!!
松本昌次と読む珠玉の戦後文学エッセイ ~朗読・解説・ディスカッション~

敗戦(1945年)を機に一斉に開花した戦後文学は、日本の植民地支配や侵略戦争
を批判するところから出発した。戦後文学者が世に問うたすぐれた作品群は、混
迷する現代日本を生きるわたしたちを鼓舞してやまない。昨年の第Ⅰシリーズの
好評にこたえた第Ⅱシリーズ。講師の松本昌次さんは、元「未来社」に勤務。半
世紀以上編集の仕事に携わり、戦後文学の名著を数多く世に送り出した。

●講師:松本昌次(編集者・影書房社主) 
朗読:白銀由布子
●受講料 全三回3000円(会員2500円)各回1200円(会員1000円) *テキ
スト代含む
●会場 どぅたっち(JR駒込駅5分 03-5974-1333 豊島区駒込2-14-7)
            地図→ http://map.rakuten.jp/spot/141763

第一回<花田清輝> 2011年1月22日(土) 14:00~16:30
「再出発という思想」-「抵抗者」としてのチャップリン像を鮮やかに描く。
「大きさは測るべからず」-生きることもできず、死ぬこともできなかった戦争
末期のやるせない日本人の魂。秋元松代の戯曲『常陸坊海尊』評。

第二回<富士正晴> 2011年2月19日(土) 14:00~16:30
「魯迅と私」-富士流魯迅解釈は、破天荒で鋭い。
「マンマンデーとカイカイデー」-馬の扱いに見る中国人の民族性とは。

第三回<上野英信> 2011年3月19日(土) 14:00~16:30
「豚の孤独」-朝鮮人坑夫夫妻とのこころの交流と、それを阻むもの。
「わがドロツキストへの道」-筑豊の廃鉱に住みつき、炭鉱の悲惨さを見つめ続
けた筆者の覚悟。

●申し込み・連絡 ビデオプレス(佐々木)
電話03-3530-8588 FAX03-3530-8578
メールアドレス at3y-ssk@asahi-net.or.jp

以下の必要事項をお知らせください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 全三回受講  ・単発受講(希望参加講座      )*いずれかを選ぶ
氏名          
住所・電話・メルアド
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 




佐々木有美
Sasaki Yumi <at3y-ssk@asahi-net.or.jp>