※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステージに登った私は、緊張しながらもどこか軽やかで、清々しい気分だった。
なぜだかはわからない。いやなぜだかわかる。
友達が、全部話せる友達が出来たからだ。
まだこの「戦争」は一度しかやったことがないけど、今の私なら、
誰にでも勝てる気がする。
相手の三年生はたしかに強そうだった。
でも私は負けない。

先輩の武器はルムマスが使っているという「スパス」だった。
今度ルムマスと戦う時の練習台にしよう。
「よそ見してるんじゃねえよ。」
先輩はいきなり撃ってきた。
危ないなぁ。
でもこれくらいなら躱す事ができる。
「なかなかいい反応するじゃねえか。だが俺の方が強い。」
三発連続で撃ってきた。
まだまだ躱す事ができる。
「ははは。反撃もできないか。」
反撃してないだけだよ。
よし、じゃあそこまで言うなら反撃しようじゃないか。
「片手でマシンガンなんか撃てるのかよ。標準が定まってないじゃないか。」
わかってないなぁ。片方で標準が定まってなければただ当たらないだけ。
ただ複数の乱れた弾が来たら・・・
 ・・・それはショットガン以上の力を発揮する。
「なっ・・・だが俺を舐めるな。」
先輩もすごい人だ。
セミオート、三発ずつ撃たれる弾を正確に躱している。
じゃあフルオートなら。
「えっ・・・」
いくつもの弾丸が先輩を貫く。
私の勝ちだ。

ウィナー モデラート

ルムマス「おっ、主役が帰ってきたか。」
フラン「お疲れ様。」
アイス「いい試合でした。」
神速「いやいや、圧倒的モデラートちゃんの勝利だよ。」
パシ「すごかったよ。モデラート。」
沙樹「噂には聞いてたけど、あなたってすごい人なのね。」
モデラート「みんな・・・。ありがとう。」
フラン「やっぱりモデラートは強いね。」
モデラート「そんなことないよ。みんなのおかげだよ。」
s・f「盛り上がってるとこ悪いが。」
ルムマス「先生、お疲れしました。」
s・f「おう、お疲れ様。」
神速「なんですか急に。」
s・f「いや、お前らにはクラス割り行ってなかったと思って。」

本編(11)へ続く
|