※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パターン1 アニメオタク
 ここに一人のオタク(特定分野超特化型人民)がいた。男の名前は「二階堂浩紀」。他のオタクより少しだけ運動神経がいいだけのアニオタだ。二階堂はいつものようにニュースサイトを巡回していた。そこで「個人制限法」のことを知った。「なっ…なんだって。このままでは僕の可愛い嫁たちに会えなくなるというのか。」
そこで二階堂は一縷の望みを掛けて大手掲示板に書き込みをした。
「今こそ立ち上がる時だ。個人の自由を手放すな。今ここに我こそはと思うものはこのメアド、○○@Hotmail.co.jpにメールしなさい。今度の日曜にオフ会をひらくために詳しい日時を教えよう。」
二階堂は得意げに微笑んだ。

パターン2 ミリタリーオタク
 ここにも一人オタク(特定分野超特化型人民)がいた。男の名前は「仙石透」。生粋のミリオタだ。ただ仙石の場合は性格に問題があった。人とは仲良くしたいがコミュニケーション能力が著しく低かった。だが仙石も今回の「個人制限法」には憤りを感じていた。そんな中見かけたのが二階堂の書いた書き込みだった。仙石は躊躇なくメールをした。

パターン3 機械オタク
 また、ここにも一人オタク(特定分野超特化型人民)がいた。男の名前は「桐谷英人」。自営業で機械の開発、修理などをやっているが、自分の持ってる機械は全て改造して出力を上げないと気がすまなかった。また、そんな自分の趣味である機械イジリを制限されると思うと怖くてたまらなくなった。そして桐谷も掲示板の書き込みを見て恐る恐るメールを送ったのだった。

パターン4 サバゲーオタク
 そしてここにも一人オタク(特定分野超特化型人民)はいた。男の名前は「進藤秀典」。サバイバルゲームに命をかける男だ。今回の法律が通ったらひとりでも乗り込もうとしてたところに掲示板の書き込みを見つけすぐにメールした。

3
|