無邪気に笑いあえたあの夏の日は、もう戻らない。

|