昔語り_E


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昔語り カード説明
小劇場のアクションを行うとき、アクションマスにある食料を1個残せば
「野菜」を1個得る。

@@@ カードレビュー @@@

カードの評価は人によって様々です。
このページは「私」ならこのカードをこう使う!こう評価する!というものです。
レビューをしてくださる方は、最下行に追加してください。
その際、他の方のコメントなどを消さないよう気をつけて下さい。
【氏 名】 【評価点】
(5段階)
【コ メ ン ト】
ユーリ 3点 1ターン目から野菜が入手可能という好カード。
小劇場系の職業カードをもう1枚くらいプレイできる状態ならば評価は「4点」でも良い。
まかり間違っても、食料難のため、得た野菜を生食い(食料1と交換)しないように。
大将軍 3点 野菜を得られる職業群のなかでは弱い方だが3点の仕事はすると思う、1ステージで野菜が手に入ると言うことは他人が真似できないプレイングが出来ると言うこと、これアグリで結構重要だと思ってて動きをずらせるものの1つだと思ってます、小劇場食料3の状態で初めて庭職人と同じ価値と考えると、少し切なくはある。だけどここで野菜をもっておけば終盤ついでに植えて気がつくと4点に増えてたりするので侮れない。
みさき 3点 2点か3点で悩むところ。将軍様が指摘するように、庭職人との力関係が微妙だが、ゆーり君が指摘するように他の小劇場職業と組み合わせると面白いことになるね。まぁそれは日雇いマスにも言える事なんですけどね。「奇術師+昔語り」と、「季節労働者+庭職人」を比較すると・・・