あらすじ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


かくて世界はこうなった


“第1部”の出来事

+PC1(柳生真)の物語

PC1(柳生真)の物語


 かつて、キミを斬り捨てた剣の師匠であり祖父である男、
「柳生三舟守道魔」。土方歳三ら新撰組の助力を得て、彼の
足跡を追い続けていたキミは、辿り着いた先の「如月国」が
謎の軍勢“徹甲龍”に侵略されつつあることを知った。

 ‥‥その侵略戦争の影に、祖父の存在を感じとったキミは、
現地で知り合った英傑たち(PC達)と共に、戦乱に参加。
“徹甲龍”の魔将たちを次々と討ち果たしつつ、祖父の行方
を探し続けた。
                   (第1話~第2話)

 どうやら祖父は伝説の魔剣「赤鰯」を「覚醒させる」ために
暗躍を続けているらしい。信頼できる仲間たちの助力を得て、
キミは祖父より先にその「赤鰯」封印解除の場所へと辿り着いた。

 だが、奥義や加護をも含めた「あらゆる力」が「赤鰯」の刃に
喰らわれ消えてしまう。一方的な戦いの結果、雛菊は虜囚となり、
ジーザスも致命傷を受ける。キミ達は壊滅寸前で逃走した。
                       (第2話)

 瀕死のジーザスを“天の”槇那やロストナンバーズと共に封印した
キミは、再び祖父を追う決意を固めた。そんなキミに、かつての祖父
の仲間「芹沢老」は彼らが得た「如月国の真実」を語り聞かせる。
‥‥それは500年以上前から続く、忌まわしき呪法の秘儀だった。

 「如月国」の正体とは“世界を喰らい尽くす超魔獣”の復活を企む
誰かが「蠱毒厭魅」の器として用意した巨大な生簀(いけす)である。
 英傑のみならず、他世界の神々やその後継者を無差別に飲み込み、
その力も存在をも全て吸収していく、恐ろしい実験場だったのだ。
 千早姫たち「如月国」の住人は「戦争の装置」兼「生贄」であり、
記憶を抹消されては蹂躙される、破滅をプログラムされた駒であった。

 芹沢は告げた。英傑の力があれば「如月国」からの脱出は可能だと。
‥‥かつて、この地で全てを失った祖父が、そうしたように。

 相談の結果、キミは仲間たちと別れ。単身で祖父を追うことにした。
「赤鰯」を狙った彼の真意を確かめ、そして雛菊を救出するために。
                         (第2話)

(第3話)

(第4話)

+PC2(比奈森雛菊)の物語

PC2(比奈森雛菊)の物語


 ブルースフィアで新米クエスターとして頑張っていたキミは、
2人の少女(律子、ことり)と共に東京タワーを訪問した際、
謎の光に包まれ、異世界「如月国」へ世界移動してしまう。
 見慣れぬ地で遭遇した美しい姫君「千早姫」は、性別を除き
キミと瓜二つの外見をしていた。驚きつつも、千早姫はキミを
異世界からの客人として歓迎することに決めた。

 キミは、同じく姫の客人である天才少年「“天の”槇那」や、
如月城の地下遺跡で眠り続けていた謎の大妖怪「ジーザス」と
邂逅を果たす。直後、奸臣「鳥居爆龍丸」のクーデターが発生。

 千早姫を逃がすため、キミは彼女の影武者を務めることにした。
その道中、キミは旅の剣士「柳生真」や謎の隠密「丈」に窮地を
救われ、“天の”槇那やジーザスとも再会を果たした。

 そして、鳥居の背後に潜む秘密結社“徹甲龍”の存在が判明。
キミ達の助力を得て「如月城奪還作戦」を成功させた千早姫は、
急ぎ諸勢力と交渉し、侵略に備え臨戦態勢を敷くことにした。
 キミも、千早姫の影武者として民衆を説得することを選んだ。
彼らを戦場から避難させて、戦争の犠牲を少しでも減らすためだ。

 次々と現れる“徹甲龍”の魔将たち。やがて、キミは仲間と
共に、この侵略戦争の結果を左右する英傑となっていく‥‥
                   (第1話~第2話)

 “徹甲龍”の軍勢相手の侵略戦争と同時に、如月国の各地で
幾つもの異変が発生していた。妖異たちが活性化しているのだ。
 真の祖父「柳生三舟守道魔」の魔剣「赤鰯」には、その周囲
に存在する妖異の力を無差別に増大させる力が備わっていた。
キミは彼を説得すべく、仲間と共に先回りして待ち伏せた。

 だが、奥義や加護をも含めた「あらゆる力」が「赤鰯」の刃に
喰らわれ消えてしまう。一方的な戦いの結果、キミは虜囚となり、
ジーザスも致命傷を受ける。仲間達は壊滅寸前で逃走した。
                       (第2話)




+PC3(“天”の槇那)の物語

PC3(“天”の槇那)の物語


+PC4(丈)の物語

PC4(丈)の物語


+PC5(ジーザス)の物語

PC5(ジーザス)の物語



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。