URLクエリ・パラメータ除外


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

例えばYahoo!リスティング広告からhttp://www.hogehoge.jp/index.phpというURLにYahoo!リスティング広告からアクセスすると、通常は
http://www.hogehoge.jp/index.php?OVRAW=hoge&OVKEY=hage&OVMTC=huga
という風に、検索キーワードや広告の種類によるユニークなURLがAnalytics上でカウントされてしまい、index.phpのアクセスが分散してしまいます。

「URLクエリ・パラメーターを除外」という設定を行うことによって、index.php以降のパラメーターを除外してカウントできるため、正しいindex.phpのアクセス数を知れます。
もちろんPHPなどでパラメーターを渡したURLにアクセスさせるときにも有効です。

Step1

プロファイル一覧から設定したいプロファイルの「編集」をクリック

Step2

プロファイル情報で「編集」をクリック

Step3

「URLクエリ パラメータ」欄で除外したいパラメータをカンマ区切りで入力して保存。
例: http://www.domain.jp/index.html?HOGE=hoge&HAGE=hage&HUGA=huga
赤文字部分をカンマ区切りで入力。

Yahoo!リスティング広告の除外リスト

utm_source,utm_medium,utm_content,utm_campaign,OVRAW,ovraw,OVKEY,ovkey,OVMTC,ovmtc,OVADID,ovadid,OVKWID,ovkwid,OVCAMPGID,ovcampgid,OVADGRPID,ovadgrpid
↑これをコピペしてもらえれば、とりあえずOKです。
あとはサイトごとに設定しているものがあれば、カンマ区切りで追加していって下さい。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル

メニュー

Tipsリスト

事前準備

初期設定

集計テクニック

  • アノテーションを使おう(準備中)
  • モバイルのGoogleAnalytics設定方法(準備中)
  • アナリティクスでの複数ドメイン間のトラッキング方法(準備中)
  • イベントトラッキング(準備中)

カスタムレポート・アドバンスセグメント

おすすめアクセス解析ツール