登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奥村 燐(おくむら りん)

声 - 岡本信彦
本作の主人公。南十字男子修道院で暮らす少年。中学卒業後、生来の粗暴さから就職先も見つからず思い悩んでいた。中学時代には「悪魔」とあだ名されたほどの不良で、無鉄砲で喧嘩っ早いが、養父の藤本を実の父のように慕ったり、幼い頃には弟をいじめから率先して助けたりと家族想いで、他人に対してもかなり情に厚く、自分自身の非を認める誠実な一面もある。料理(特に家庭料理全般)が得意で、その腕はプロ級の様子。それに対し、英語を始めとしたあらゆる勉強が苦手。
実はサタンの息子で、その「炎(ちから)」を継いでいるが、降魔剣(こうまけん)「倶利加羅(クリカラ)」で抑えていた。 しかし、成長するにつれて抑えきれないほどになってしまい、ひょんなことで覚醒してしまう。サタンに憑かれた藤本の死後、正十字騎士団の門を叩き、学園へ入学。祓魔師になることを決意し、祓魔師塾へ入る。
周囲にはサタンの息子(本物の悪魔とのハーフ)であることは伏せている。ゆえに燐がサタンの子供であることを知る者は数少ない。尖った耳や牙は誤魔化し、悪魔特有の尾やサタンの息子であることを象徴する「青い炎」は隠して生活している。だが夏休みに行われた林間合宿(実践訓練)の際、アマイモンに襲われた仲間を助けるために青い炎を使ってしまい現在は出雲以外の塾生全員に敬遠されている。覚醒後は自然治癒力も高まり、致命傷にもなりかねない傷でも短時間で癒えるようになり、また魔障の影響もほぼ受けない。しかし、逆に聖水などの退魔の力にはある程度ダメージを受けるようになった。
15歳。12月27日生まれ。血液型A型。身長173cm、体重63kg。趣味・特技は、料理・寝ること・食べること・ぼーっとすること。好物はすき焼き。好きな女性のタイプは色っぽくてエロイお姉さん。しかし、しえみを見て赤面したりと、彼女のことが多少なり気になる様子。


奥村 雪男(おくむら ゆきお)

声 - 福山潤
燐の双子(二卵性双生児)の弟。温和でしっかり者な優等生。眼鏡をかけている。燐の正体を知る一人。兄の燐とは違い優等生で、13歳にして祓魔師の称号を得、歴代最年少記録を作った。また、地味だが女子にモテる。正十字学園高等学校には首席で入学し、現在は中一級祓魔師。メフィスト曰く「対・悪魔薬学の天才」で、祓魔師塾の対・悪魔薬学の講師も務める。竜騎士・医工騎士の2つの称号を持ち、将来の夢は医者になること。二丁拳銃を得意とする。ちなみに体に黒子が多く、黒子が多くなった夢を見てうなされるほど気にしている模様。 
燐の秘密や、何を企んでいるのか解らない上司(メフィストやシュラ)など、苦労が絶えないが、感情を表に出したり、人を頼ることが少ない。この性格は祓魔師には好ましくないものとされ、シュラには「悪魔落ち」しないかと心配されている。
亡くなった母親が出生したときは未熟児で身体が弱かったため、幸いにもサタンの力を受け継ぐことはなかった。また、その出生時に悪魔である燐から魔障を受けたため、物心ついたころには悪魔が見えるようになっていた。喧嘩っ早い燐を「兄さん」と呼びつつも、実の弟のように面倒を見ており、それでも心の底では兄には敵わないと感じている。
15歳。12月27日生まれ。血液型O型。身長180cm、体重70kg。趣味・特技は、予定をすし詰めにすること・人ごみに紛れること・毎月ジャンプSQを読むこと。好物は魚介類(特に刺身)。


藤本 獅郎(ふじもと しろう)

声 - 藤原啓治
南十字男子修道院の神父で、燐と雪男の育ての親。最強クラスの祓魔師「聖騎士」であり、その霊的体質と強力な力を持つために、サタンらから常日頃から憑依対象として狙われていた。 燐が覚醒してしまったため、本人に出生を告げ、修道院から出るよう促す。この時、降魔剣「倶利加羅」とそれを隠すための神隠しの鍵を渡す。しかし状況に混乱した燐の心ない言葉により心が揺らぎ、サタンに意識を乗っ取られてしまう。「虚無界の門(ゲヘナゲート)」を召喚した 直後に正気を取り戻し、サタンの憑依を止めるため、自殺した。燐の子供っぽさに通じる面があり、彼に多くの影響を与えた人物。
享年51。5月10日生まれ。血液型AB型。身長177cm、体重62kg。趣味・特技は、エロ本集め・メガネの手入れ・いつでもどこでも早く寝られること。好物はおでん(特に大根)。


メフィスト・フェレス

声 - 神谷浩史
藤本神父の親友で、正十字騎士団所属の祓魔師。表向きにはヨハン・ファウスト5世と名乗っており、正十字学園の理事長でもある。藤本亡き後、祓魔師になることを志望した燐を受け入れ、面倒を見ている。大抵はピエロを思わせる奇妙なスーツやマントを纏っているが、これは本人なりの正装らしい。小型犬(スコティッシュ・テリア風)に化けることも出来る。燐にネイガウスを差し向ける等、不穏な行動をとっている。お茶目で遊び好き。物質界(アッシャー)を「愉快な玩具箱」と呼び、常に楽しみを探している。
その正体は虚無界を裏切った悪魔である模様。燐のことを「我らの小さな末の弟」と呼ぶ。
年齢不詳。身長195cm、体重74kg。趣味・特技は、映画・漫画・アニメ・ゲーム・音楽・オモチャなどサブカルチャー全般。好物はジャンクフード。



霧隠 シュラ(きりがくれ しゅら)

声 -佐藤利奈
正十字騎士団ヴァチカン本部から日本支部の調査のために派遣されてきた上一級祓魔師の女性。取得称号は騎士・手騎士・医工騎士・詠唱騎士。藤本の弟子で、雪男とは顔見知り。胸元にある刺青から、武器である魔剣を取り出す。
騎士団本部から「日本支部が隠している何か(=燐)」を探るべく、容姿と素性を偽り、候補生「山田(やまだ)」として祓魔師塾で潜入調査をしていた。アマイモンとの接触後に正体を明かし、祓魔師塾教員の職に就き、燐を訓練することになる。
年齢は今年で26歳だが、自称18歳。8月8日生まれ。血液


イゴール・ネイガウス

声 - 置鮎龍太郎
祓魔師塾の講師でもある上一級祓魔師。取得称号は手騎士・医工騎士・詠唱騎士。左目に眼帯をしている男性。屍(グール)系の悪魔を数多く従えており、両腕に魔法円の刺青を刻んでいる。得物は巨大なコンパス。「青い夜」の生き残りの一人であり、その時にサタンに取り憑かれた際に左目と同時に家族を失う。以後、サタンを含む悪魔を憎んでいる。また、メフィストに忠実であり、彼の命令を受け、燐を襲うものの失敗に終わった。講師としては魔法円・印章術を担当していたが、現在は停職処分中。
39歳。11月13日生まれ。血液型AB型。身長182cm、体重70kg。趣味・特技 ソリティア、ジグソーパズル。好物はビール、ザワークラフト。



杜山 しえみ(もりやま - )

声 - 花澤香菜
雪男が贔屓にしている祓魔師用品店の娘。人見知りが激しく、あがり症兼赤面症。生まれてこの方着物しか着たことがないらしく、制服の着方を出雲と朴に教わったりしている。事故死した祖母のことが好きで、その祖母が大切にしていた庭の手入れをしており、手入れをすること以外の外出はしない。祖母の死因は自分のせいだと思い庭の植物に取り憑いていた山魅(デックアルプ)の魔障を受け当初は足が悪かったが、燐や雪男の尽力により開放され、歩けるようになった上、対立ばかりしていた母親とも和解することができた。以後、世間知らずから脱却しようと正十字学園の祓魔師塾生の一人となる。しかし周囲と違い、自身には明確な祓魔師の志望動機がないことに悩み、迷いも生じていたが、人を助けたいという思いから祓魔師になることを決意する。若干花粉症である。雪男は幼い頃からの知り合いで、しえみにとって憧れの存在であり、塾に入った理由は上記の理由と雪男の先生姿見たさである。また、二人っきりになった際に赤面して焦ったりなど恋心の様な描写もある。
植物や薬草の知識は豊富だが、勝手な名前で呼ぶので、塾の点数は低い。緑男(グリーンマン)の幼生を召喚に成功し、「ニーちゃん」という名をつけている。また、独自の植物名でも以心伝心で伝わるらしく、緑男へ指示した際もその通りに体からその植物を出す。知識は的確なため、特に防御や治療に威力を発揮する。
15歳。3月6日生まれ。血液型B型。身長165cm、体重49kg。趣味・特技は、お庭いじり・ハーブティーの調合・草やお花に名前を付けること・クッキーを焼く・日なたぼっこ。好物は、祖母が焼いたクッキー。



勝呂 竜士(すぐろ りゅうじ)

声 - 中井和哉
祓魔師塾生の少年。京都の由緒ある寺の息子で、関西弁を話す。不良のような外見(髪にメッシュを入れ、耳にピアスをしている)とは裏腹に、成績優秀で真面目かつ努力家。感情的な面もあり、燐との共通点も多いことから対立することも多い。本質的には面倒見のよい兄貴肌を持つ。竜騎士および詠唱騎士志望。記憶力に優れており、念仏は2回聞けば覚えてしまうほどで、志摩から「変体」と言われている。
有力な祓魔師(僧侶)たちが青い炎を吹きながら流血し亡くなった、サタンによる大量虐殺事件・青い夜の生き残りである父親を持つ。青い夜を機に、呪いを恐れた人々から避けられ、軽蔑されるようになってしまい、ゆえにサタンを倒すことを志すようになった。雪男同様、奨学金を得て正十字学園へ入学し、祓魔塾へと入った。実は結構きれい好きで休日は掃除をしたりして過ごす。目つきが悪いことが悩みらしい。
15歳。8月20日生まれ。血液型B型。身長181cm、体重76kg。趣味・特技は、暗記・掃除・座禅。好きな言葉は「因果応報」。



志摩 廉造(しま れんぞう)

声 - 遊佐浩二
祓魔師塾生の少年。髪色はピンクめいた茶髪。小猫丸と同じく竜士の父親の弟子で、ゆえに竜士らと共に行動することが多い。竜士を「坊(ぼん)」と呼ぶ一人で、関西弁を話す。左目上に古傷があるのが特徴。飄々としており、助平な傾向がある。勝呂、子猫丸と同じく詠唱騎士志望。虫の類が極端に苦手。経典をあまり覚えていないため戦闘時はキリク(錫杖)を使う。
15歳。7月4日生まれ。血液型O型。身長176cm、体重63kg。趣味・特技は、笑顔・嘘・建前。レジが女性でも堂々とエロ本が買える。好きな言葉は公言出来ないようなことらしい。



三輪 小猫丸(みわ こねこまる)

声 - 梶裕貴
祓魔師塾生の少年。心優しく温和。志摩と同じく竜士の父親の弟子で、竜士らと共に行動することが多い。猫派。竜士を「坊(ぼん)」と呼ぶ一人で、関西弁を話す。小柄な体型と坊主頭、大きめの眼鏡が特徴で牛乳をいくら飲んでも身長が伸びないらしい。また、視力はかなり悪い。勝呂、志摩と同じく詠唱騎士志望。
15歳。1月7日生まれ。血液型A型。身長155cm、体重43kg。趣味・特技は、写経・ブラインドタッチ・毎朝ホットミルクを飲むこと・長風呂。好きな言葉は「猫はこたつで丸くなる」。



神木 出雲(かみき いずも)

声 - 喜多村英梨
祓魔塾塾生の少女。気が強くツンデレの気がある。生まれつき平安貴族の様な眉毛(燐曰くまろまゆ)をしている。幼いころから悪魔が見えていたため気味悪がられ友人が一人もいなかったが、唯一話しかけてくれた朴が唯一の友人となった。巫女の血統で手騎士の才能を持ち、一度に白狐(びゃっこ)を二体召喚することができる。友人である朴が塾を辞める理由が自分を嫌いになったからと思い、強く悩んでいたが、候補生認定試験の際にふっ切れた。優等生で人を見下したような言動が目立ち勝呂とすぐ口論する面があるが、燐がサタンの息子と知って混乱するしえみを気にかけたり、塾生に敬遠された燐にも普段通りに接したりと仲間思いの根は優しい一面がある。ちなみに眉間にしわがよりやすいのが悩みらしい。
15歳。10月11日生まれ。血液型A型。身長165㎝、体重49kg。趣味・特技は、洋服や小物集め・勉強・少女漫画や恋愛小説を読むこと。好きな言葉は「夕凪」。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。