第10話「ミオリチャン、家出する」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

412 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 18:47:40 ID:cvuPAKPU0
~メイドカフェ『ウィザード・オン・ターフ』~

ミオリチャン「じゃあ、お先に失礼しまーす♪」

邦彦「お疲れさん」

スマイルカナチャン「また明日ねー♪」



ミオリチャン「ふぅー。ったくオタクどもを相手するのも楽じゃねえな…」


413 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 18:54:59 ID:cvuPAKPU0

~武市厩舎~

ミオリチャン「ただいまー」

武市「ミオリチャン、ちょっとそこに座りなさい」

ミオリチャン「え?なんで?」

オルレアンノオトメ「私、見ちゃったの…あなたがメイドカフェでバイトしてる所」

武市「うちの厩舎はバイト禁止と言ったはずだ!」

ミオリチャン「…うっせーな」

武市「な、何だ、その態度は!」

ミオリチャン「うっせーっつってんだよ、ジジイ!」

ユメノキズナ「み、ミオリチャン先輩…?」


414 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 19:08:42 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「大体この厩舎が貧乏なんだからしょーがねぇだろ!」

武市「何だと!」

ミオリチャン「ダチのティファニーケイスなんて、月2万もこづかいもらってるに、
        私は月500円ってなんだよ!今時の2歳馬だってもっと貰ってるわ!!」

マヤノマヤ「ミオリ、やめなさい」

ミオリチャン「うるせー。こんな貧乏厩舎、恥ずかしくてやってられっかよ!」

マヤノマヤ「ミオリ!!」

バシッ

ミオリチャン「痛ッ…」


415 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 19:17:15 ID:cvuPAKPU0
マヤノマヤ「先生がどれだけ私たちの事思ってるか、あんた知ってる?
       朝は早くから夜は遅くまで、どんだけ苦労してるか…知らないでしょ!?
       貧乏厩舎で恥ずかしい?あんたの方がよっぽど恥ずかしいわよ!!!!」

ユメノキズナ「マヤ先輩…」

武市「…」

ミオリチャン「…しらねーよ」

マヤノマヤ「何?」

ミオリチャン「しらねーっつってんだよ!この説教ババア!もういい、家出する!!」

ユメノキズナ「み、ミオリチャン先輩!」

ミオリチャン「どけよ、小娘。あばよ貧乏臭い皆様」

ユメノキズナ「追わなくていいんですか!?」

マヤノマヤ「ほっときなさい。あんなバカ…」

武市「…」


416 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 19:40:49 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「さてどうしよ。ティファニーのとこ行くにも、今から栗東じゃ遅くなるな…」

ミオリチャン「あいつん家でいいや」


417 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 19:41:33 ID:cvuPAKPU0
~小島厩舎~

太一「おい親父!『魔法少女オースミハルカちゃん』始まるぞ!!」

太「いかん忘れてた!土曜の夜はやっぱ!『魔法少女オースミハルカちゃん』だな!!」

アプリ「えーーー?私、土曜映画劇場『沈黙の大井』見たかったのにー!」

豊「それより土曜サスペンス『名将刑事サムソン~登別急行殺人事件』見ましょうよ!」

あーだこーだ

ドドドドド…

豊「ん?」

太「嫌な予感しかしない!」

ガシャーンッ

豊「毎度のことだけど、ぎゃあー!」

ミオリチャン「アプリ、今晩泊めて!!」

太「うちの厩舎になんか恨みでもあるのか…」

アプリ「しかしよく踏まれるわねー、豊」

豊「いや、早く助けろよ」


418 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 19:52:40 ID:cvuPAKPU0
アプリ「泊めてって言われても…寝るところが余ってないの。ごめんね、ミオリン」

ミオリチャン「ちぇっ…ま、いっか。他あたってみるわ」

アプリ「うん、じゃーねー」

太一「おい親父!『魔法少女オースミハルカちゃん』始まったぞ!!」

太「おお!みらくる、みらくる、ちんちらりーん♪」

太一「その名はおーすみはるかちゃーん♪」

オオゾラ「こいつらアホwwwRECしてYouTubeにうpしてやろwwwww」

豊「ひどっ」

アプリ「んもーそんな大声で歌わないで!静かにしなさいよ!近所迷惑でしょ!!」



ミオリチャン(…楽しそうだな)


419 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 19:59:07 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「さて、次はどうしよ…」

ミオリチャン「アパパネんとこ行くか。あいつら超金持ちだし」


422 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:31:15 ID:cvuPAKPU0
~国枝厩舎~

アパパネ「これが浜中キュンの髪の毛」

アパパネ「これは浜中キュンの切った爪」

アパパネ「で、これが浜中キュンの血液」

国枝「……で?こんなもん見せられても困るんだが?」

アパパネ「これで浜中キュンのクローンを作るのよ!察しなさいよ!!」

国枝「俺は遺伝子研究者になった覚えはない!」

コンコン

ソニック「はーい」

ミオリチャン「アパパネ!泊めてくんない!?」

アパパネ「無理」

ミオリチャン「早っ」


423 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:35:53 ID:cvuPAKPU0
国枝「君は武市くんところの…早くお家に帰りなさい。皆も心配してるだろうし」

ミオリチャン「いいんです、家出しましたから」

アパパネ「家出?どーせバイトしてたことがバレて、怒られたから。とかそーゆう理由でしょ」

ミオリチャン「うっ…」

ソニック「図星みたいですね…」

アパパネ「さぁ帰った、帰った、家出少女を泊めてあげる馬房はないよ」

ミオリチャン「ちぇっ…ケチ」


アパパネ「で、これが浜中キュンの精液」

国枝「んなもん見せんな!」



ミオリチャン(なんだかんだで仲良いな…)

425 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:37:37 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「どうしよ…アニメんとこでもあたってみるか…」

ミオリチャン「でもあそこ変態の巣窟なんだよなぁ…」


427 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:43:05 ID:cvuPAKPU0
~牧厩舎~

ヨートー「ツーピースw久々におちんこチャンバラしようずwww」

ツーピース「いや、いいよwww」

ヨートー「んもーwいけずwwwそんな事言わずに一戦交えようやwwwww」

ツーピース「実は、私牝馬だったの」

ヨートー「えwwwwww」

ニゴウハン「おちんぽ付いてんじゃんwww」

ツーピース「いや、これはハリボテ。ほらっ」スポッ

ヨートー「ちょwww衝撃の事実wwwwww」

ニゴウハン「まさかの展開wwww」

牧「俺も知らんかった…」

コンコンッ

アニメイト「はーい」

ミオリチャン「アニメっち!今晩泊めてよ!」


428 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:47:17 ID:cvuPAKPU0
アニメイト「ミオリン…なんでまた?」

ヨートー「ミオリン見て見てwww」

ミオリチャン「はいはい妖刀妖刀」

ツーピース「家出でもしたの?」

ミオリチャン「うん…」

アニメイト「そっか。でも今馬房全部埋まっちゃってるんだ。ごめんね、ミオリン」

ミオリチャン「仕方ないよ…。ごめん、突然訪ねて来ちゃって」

牧「気をつけて行きなさい。外も暗いし」

ミオリチャン「はい」


429 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:50:41 ID:cvuPAKPU0
ヨートー「よっしゃwwwじゃあさくらんぼの種飛ばし大会開こうずwwwwww」

ニゴウハン「ペッ」

ドレックセル「ペッ」

ツーピース「ペッ」

牧「こらー!部屋を汚すな!!」

アニメイト「もうホントやだこいつら…」



ミオリチャン(アニメっちも苦労してるな…)


430 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 21:55:31 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「どうしよ…サンテミリオン、ミリオンねぇ…」

ミオリチャン「でもアイツ苦手なんだよなぁ…」


431 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:00:58 ID:cvuPAKPU0
~古賀厩舎~

ゲイルスパーキー「好きだ、アーバニティ」

アーバニティ「俺もゲイルが好きだ」

ゲイル「アッー!」

アーバニティ「アッー!」

ベネディーレ「気色悪い…あっちでやってよ!」

コンコンッ

古賀「はいはい」

ミオリチャン「あ、あの、ミリオンさん居ますか?」

ミリオン「あら?これはこれは。誰かと思ったらミオリサンじゃありませんこと?」

ミオリチャン「チャンね、サンじゃなくてチャン」


432 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:06:38 ID:cvuPAKPU0
ミリオン「家出?まー!それは大変でしたわねぇ」

ミオリチャン「うん、だからさ。ね?泊めてよ」

ミリオン「それは無理ですわ」

ミオリチャン「何でよ!あそこの部屋空いてんじゃん!」

ミリオン「あらやだ、あの馬房はうちの先生の部屋ですわ」

ミオリチャン「……いや、だって馬房だよ?」

古賀「そうそう。ここが俺の部屋なんだ~♪」

ミリオン「で、わたくしは前まで先生が寝てたベッドに寝てますのよ」

ミオリチャン(それでいいのか古賀厩舎よ)


434 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:12:21 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「どうしよ…そろそろ頼れるダチも少なくなってきた…」

ミオリチャン「あっ、そういやシーズンズベストがいたな…」


435 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:21:32 ID:cvuPAKPU0
~藤沢厩舎~

ミッションモード「一つ!藤沢先生の言うことは絶対であります!」

ペルーサ「一つ!下手な鉄砲数うちゃ当たるであります!」

リリエンタール「一つ!この際GⅠとは言わずGⅡGⅢでも何でもいいから重賞を勝つであります!」

シャガール「一つ!とりあえず秋は外国人乗せときゃいーんだよであります!」

ニホンバレ「以上!藤沢厩舎4か条であります!敬礼!」ビシッ

藤沢「よろしい!では今日はこの辺で就寝!明日に備えよ!」

全員「了解であります!」

コンコンッ

藤沢「構わん、入れ!」

ミオリチャン「ど、ども…」(うるせぇ厩舎だなぁ…)

シーズン「ミオリン少尉!どうしたでありますか!」

ミオリチャン「私は軍に属した記憶はございませんが…。そんなことより今日泊めて!」


436 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:28:25 ID:cvuPAKPU0
シーズン「それは無理であります!」

ミオリチャン「そんな事言わないでさぁ~いいじゃーん」

シャガール「他厩舎の諜報部員とも考えるため、お泊り行為は禁止しているのであります!」

ミオリチャン(めんどくせぇ厩舎だなぁ…)

藤沢「そういう事だ!ミオリチャン少尉、貴官はただちに自厩舎に帰還せよ!」

ミオリチャン「へーへー、了解でありま~す」


ニホンバレ「では皆の者、就寝!」

全員「了解!」



ミオリチャン(ここも駄目だったか…)


437 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:29:13 ID:cvuPAKPU0
何か寂しい


438 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:32:49 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「はぁ…あとはプリメモんとこぐらいか…」

ミオリチャン「頼むよプリメモ、あんたが最後の砦だかんね…」

ミオリチャン「あ…雨降ってきた……」


440 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:40:04 ID:cvuPAKPU0
~高橋厩舎~

高橋「暇だなー」

プリメモ「そろそろ12時ですね。そろそろ寝ましょう、先生」

高橋「そうだな」

コンコンッ

プリメモ「はーい。誰だろ?こんな時間に…」

ミオリチャン「…よっす」

プリメモ「ミオリン!どうしたの…とりあえずあがんなよ」

ミオリチャン「サンキュ」

高橋「どうしたんだい?」

ミオリチャン「実は…家出して、泊めてくれる所探してるんです」

プリメモ「家出?」

高橋「…事情を話してくれないか?」

ミオリチャン「はい…」


442 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:56:08 ID:cvuPAKPU0
439今回は番外編回みたいなもんです…。

高橋「なるほど…」

プリメモ「…ミオリン、今すぐ家に帰った方がいいよ」

ミオリチャン「な、何でそんな事言うのよ!」


443 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 22:57:07 ID:cvuPAKPU0
プリメモ「…うちもご覧の通り貧乏よ」

ミオリチャン「…」

プリメモ「でも、私はそのことを一回も恥じたことなんて無い。不幸に感じたこともない」

高橋「メモリー…!」

プリメモ「楽しければいいじゃない、別に貧乏だって」

ミオリチャン「私とアンタんとことは違う!分かったような事言わないで!もういいよ、私今日野宿するから……」

プリメモ「甘えてんじゃないの?」

ミオリチャン「は?」

プリメモ「自分に甘えてんじゃないの?そうやって何か理屈を作って、それってただの甘えじゃない」

ミオリチャン「うるさい!」

プリメモ「悔しかったら這い上がればいいじゃない!
      高い山に登りたいんだったら自分の足で登ればいいじゃない!
      私は強くもないし早くもない、でも絶対甘えたりなんかしない。
      おんぶされて登った山頂の景色なんて、きっと雲で霞んでる」

ミオリチャン「…そーかい。あんたもマヤ先輩と同じだね」

プリメモ「行きなさいよ、早く」

ミオリチャン「言われなくても出てくっての……」


444 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 23:01:55 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「雨、強くなってる……」

ミオリチャン「…クシュンッ」

ミオリチャン「……寒い…寒いよぉ」

ミオリチャン「……ウエーン」


445 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 23:08:01 ID:cvuPAKPU0
 気付いたら、私は自分の家の前に立ってた。もう帰らないと決めていたこの家に。

ミオリチャン「…」

ガチャッ

マヤノマヤ「…入りなさい」

ミオリチャン「マヤ姉ちゃん……うん」


ミオリチャン「みんなもう寝たの?」

マヤノマヤ「今何時だと思ってるの?みんなとっくに寝たわよ」

ミオリチャン「そうだよね…」


446 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 23:16:46 ID:cvuPAKPU0
ミオリチャン「あ、あのさマヤ姉ちゃん…私…」

マヤノマヤ「お腹空いたでしょ?はい、これ」

ミオリチャン「ありがと……あの、私」

マヤノマヤ「来て」

ミオリチャン「?」

マヤノマヤ「いいから、こっちに来て」

ミオリチャン「…これって」

マヤノマヤ「あなたが欲しがってたイヴ・サンローランのバッグよ」

ミオリチャン「でもこれ…すっごく高いやつだよ?」

マヤノマヤ「皆でお金を出し合って買ったのよ。あなたへのプレゼントってね」

ミオリチャン「そんな…私、家出したのに。悪い子なのに」


447 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 23:22:11 ID:cvuPAKPU0
マヤノマヤ「先生に感謝するのね。発案者なんだから」

ミオリチャン「武市先生…グスッ」

マヤノマヤ「ほら、そんな顔したら可愛い顔が台無しよ。我が厩舎のお姫様?」

ミオリチャン「…ウワーン!」

マヤノマヤ「こんなに体冷たくして…もう大丈夫だからね…」

ミオリチャン「ごめんなさーい!うわーん!」



(物陰)
武市「私も甘いな…」


448 :名無しさん@実況で競馬板アウト:2010/10/30(土) 23:29:21 ID:cvuPAKPU0
~後日~

ミオリチャン「え?マヤ姉ちゃんも家出したことあるの?」

武市「した事も何も、そりゃ凄かったぞ。10回以上はしてたな」

ユメノキズナ「へぇ~意外ですね…」

マヤノマヤ「ちょ、ちょっと!そんな事今はどうでもいいじゃない!///」

武市「しかし、どうしてこうもウチにはお転婆娘ばかり入厩してくるんだろうな」

オルレアン「じゃあ次はキズナが家出する番だね~」

ユメノキズナ「わ、わたしはそんな事しませんっ!」

武市「はっはっは、もう勘弁してほしいな」

ミオリチャン「ハハハ…」



ミオリチャン(ごめんなさい、そしてありがとう)

ミオリチャン(武市厩舎に所属できたことが、私の一番の幸せです)