水槽の選び方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水槽選び自体はそんない大変ではないと思います。
大きさ・材質・デザインの3つを決めればいいでしょう。
※水槽の大きさや種類などは、水槽についてを参考

1.大きさ

水槽の大きさを決めるポイントは、生体の数とろ過器の能力ですが、正直なところあまり気にしなくても大丈夫だと思います。
生体の数は少しずつ増やせば良いですし、ろ過能力なんて実際運転してみないとなんとも言えないです。
結局は飼育したい生体を決めているか、決めていないかでいいです。

  • 飼育する生体を決めている人
飼育する生体に合わせた大きさの水槽を選んでください。
たとえば、アロワナを飼育したいのに60cm水槽を選ぶのは無謀です。
きちんと魚に合った水槽を選んであげてください。

  • 飼育する生体を決めていない人
設置場所などに制約が無いのであれば、60cm水槽を選んでおけば問題ないでしょう。
小さな水槽は水質の悪化が早く、水温の変動が激しくメンテナンスが大変です。
また、60cm水槽は安価でショップにも必ず置いてあります。

とにかく初心者の方は60cm水槽を選ぶと良いでしょう。

2.材質

水槽の材質には、ガラスとアクリルがあります。
好みで選べばいいと思いますが、初心者の方にはガラスをオススメします。
アクリル水槽の無いショップはありますが、ガラス水槽の無いショップはほとんど無いでしょう。
また、アクリルに比べてガラスは安価で手に入ります。

3.デザイン

こればっかりは好みです。
自分の好きなタイプのものを選びましょう。
水槽の形によっては、取り付けできないろ過器もあるので、使用したいろ過器と一緒に検討する必要があります。


以上のことを踏まえて水槽を選んでください。