※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪夢を夢見る少女

毎日のように正夢を見る少女がいたらしい。すっかり超能力者気分の彼女は、ある日悪夢を見てしまった。夢の内容は、自分が親友に裏切られ殺されしまうという残酷なものだ。もしやと考えた少女は、自分の身を守るため、そして親友を殺人犯にさせないために、悪夢の内容と違うことをしはじめた。しかし、次第に親友に恐怖を抱きはじめた少女は、自分の保身しか考えられなくなり、より過激な行動をとるようになっていく。そんな少女の苦労をあざ笑うかのように、ある日悪夢はついに現実となってしまった。当然である。親友を裏切っていたのは少女の方だったからだ


『夏休み。主人公は一人小旅行を楽しんでいた。
見知らぬ土地で流離っていた所、風神祭という祭りの存在を知る。
その祭りを明日に控えた町はどこか慌しい雰囲気だった。
足の向くまま気の向くまま、町の中心にある山で、ある不思議な少女と出会った。彼女はこの町の四方に存在する風祝の一人だった。その少女と知り合った主人公は、風神祭の詳細やこの町の歴史を教えてもらった。
翌日の風神祭で事件が起きた。東西南北の風祝が秘術を披露するこの祭りで、風祝の一人が失敗を犯したのだ。多くの被害を出し、祭りは中止された。
原因究明と風祝の名誉挽回のため、少女は奔走を始める。主人公は少女に協力すると進言するが・・・』


『人里離れた辺境の地、地図にも載っていない村があった。そこでは妖怪や祟りといった、現代では迷信といわれるものが存在した。そんな村に迷い込んだ現代人の主人公は物知りの巫女に出会う。
そこから始まる異世界日常系物語。』


『凄腕スナイパーである主人公は、ある日謎の組織『スパイダー』の男に右腕を潰されてしまう。その男はある組織の幹部であり、そしてかつての相棒だった。彼が組織に入った経緯と理由を知るため、『スパイダー』の証である蜘蛛の入れ墨を手がかりに、主人公は左腕一つで組織に立ち向かってゆく。』


『主人公はある日妙な手鏡を見つけた。不思議がってその手鏡を見た瞬間、目の前が真っ暗になった。目が覚めたらそこは見知らぬ所で、自分の体は動物に変身していた。困り果てていた主人公は、この世界のどこかに魔法少女がいるという噂を聞く。その子なら自分を元の姿と世界に戻せるかもしれない。主人公は不思議な手鏡をくわえ、どこへともなく駆けていった。』