オリジナルルール > 簡易戦闘ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡易戦闘ルール

概要

2d6+冒険者Lv+ボーナス要素 ≧ 敵抵抗力の合計値 で判定成功。
判定に失敗した場合は、 目標値と達成値の差分を消耗値 とする。
抵抗力はそのモンスターの 生命・精神抵抗力のうち高い方 を使う。

冒険者技能判定

基準値は冒険者Lv+ボーナス・ペナルティ要素。
ステータスによる補正なし。

ボーナス・ペナルティ要素

先制判定に成功すると「+2」のボーナス修正
魔物知識失敗してる未知の敵1体ごとに、「-1」のペナルティ修正。
弱点判明した敵1体ごとに、さらに「+1」のボーナス修正。
人数差ボーナス、人数の差がそのままボーナス、及びペナルティ修正。

目標値

敵の抵抗力の合計値

判定結果について

判定に失敗した場合は、目標値と達成値の差分を消耗値(後述)とします。
自動成功した場合は出目12として達成値を計算した上で、更に2d6を振りその出目を達成値に加算します。
自動失敗(1ゾロ)の場合は達成値0として扱います。

消耗値

HPとMPを合計で消耗値分以上減らします。その割り振りは任意です。
多い分にはいくらでも消耗して構いません。
ただしMPを消耗する術がない場合はMPを減らすことはできません。
また、不自然な消耗も行えません。(例:練技しかないのに1点しかMPを消費しないなど)

マテリアルカードでの代替

アルケミストはMPの代わりにマテリアルカードを消費することができます。
ランク B A S SS
代替点数 1点 2点 4点 8点

ゴーレムでの代替

PCの作成したゴーレムはPTの人数には数えません。
その代わり、任意のキャラクターの消耗値を好きな点数だけ肩代わりすることができます。
ゴーレムが肩代わりする場合は、消耗値の適用が2倍となります。(例:ゴーレムに4点を肩代わりさせる場合は、ゴーレムは8点の消耗値を支払う)
ただし、ゴーレムのHPが0以下となるギリギリの値までしか肩代わりできません。(肩代わりが2点ずつなので、HPが-1か0になる数値までが肩代わりできる限界値)
ゴーレムはHPが0以下となった時点で即時破壊されるものとします。
また、ゴーレムのモンスターレベルが敵側の平均レベルの半分以下(切り上げ)の場合、消耗値を肩代わりさせることはできず、即時破壊されます。(例:相手の平均レベルが5以上の場合、オークは肩代わりできずに即時破壊される)

その他代替

適宜追加します。

矢弾の消耗

  • 敵と同数だけ消費。
    • 特殊な矢弾(ただし潜行弾など水中用は除く)は2本(発)分として勘定する。

特技による効果

ブロッキング

指定した任意のキャラクターすべての消耗値を合計で「冒険者レベル」点まで肩代わりすることができる。
肩代わりする点数は平滑化してもよいし、一人から重点的に肩代わりしてもよい。(例:Aから5点、Bから1点などでも可)

かばう

指定した任意のキャラクター1人の消耗値を半分まで肩代わりすることができる。

鉄壁

指定した任意のキャラクター3人までの消耗値を半分まで肩代わりすることができる。

ガーディアン

かばうでの消耗値の肩代わりを上限なく行うことができる。

判定の例

冒険者レベル2の冒険者5人が、レンガード2体、グルガーン1体、ドゥーム1体を相手にした場合。
先制判定には成功しているものとする。

モンスター名 魔物知識 弱点看破 抵抗力
レンガード × 2
グルガーン 5
ドゥーム × × 8

この場合、
  • 冒険者レベル: 2
  • ボーナス要素: 4 (内訳は下記)
    • 先制判定に成功: +2
    • 未知(1体):-1*2= -1
    • 魔物知識のみ(2体):0*2= 0
    • 魔物知識&弱点看破(1体):1*1= +1
    • 人数差(5人-4体):5-6= +1
  • 目標値: 17
    • レンガード::2*2= 4
    • グルーガン:5*1= 5
    • ドゥーム:8*1= 8
となり、基準値6、目標値17の判定を実施します。
すなわち、
2d6+6 ≧ 17
となり、11以上で判定成功となる。

しかし、ダイスロールの結果は2d6=6であったため、判定は失敗。
消耗値は12-17= 5 となり、HPまたはMPを合計5点消費することとなった。