サーバリックスのその他の疑問 > HPV-16型と18型に効くっていうけど日本では他の型の方が多いんでしょ?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

HPVの型は100種類以上あり、子宮頸がんの原因となる型は、世界的には約70%がHPV-16/18型であり、次いでHPV-31/45型が多い。日本においては調査した対象によりかなり幅があるが女性の67.2%〜89.3%がHPVに感染しており、その感染者中の型の割合はHPV-16/18型が28.4%〜86.9%、HPV-31/45型が0.0%〜7.2%という調査結果がある。

日本と海外を比べると日本はHPV-16/18型の割合が若干減りそれ以外の型が若干増えるのは確かですが、日本国内だけでみるとやはりHPV-16/18型が一番多く、他の型の方が多いというのは誤りです。




この内容は次の論文を元に作成しました。
BJC(Britsh Jounal of Cancer) 2003 January 13; 88(1): 63–73
Human papillomavirus types in invasive cervical cancer worldwide: a meta-analysis
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。