サーバリックスは危険なのか? > THINKER - 子宮頸がんワクチンの危険性について > 子宮頸がんワクチンの危険性


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは編集途中です


以下の文章でこのように表示されている部分はTHINKERからの引用です。

昨今話題となっているワクチンのひとつに、「子宮頸がんワクチン」があります。

テレビや新聞の情報を見ているだけでは、想像できないかもしれませんが、このワクチンは、予備知識なしで、気軽に接種してよいものではないようです。しかし、一般には広く、「子宮頸がんを100%予防できるワクチン」のようなイメージで宣伝されています。

すべてのワクチン接種には、死亡例を含む副反応があります。 それは、この子宮頸がんワクチンにおいても、例外ではありません。

本来、人の命を守る役目を担うはずの製薬会社、医療機関および政府が、接種を考慮するのに必要な情報をわかりやすく国民に提供せず、良い面ばかりを伝えています。こういった社会の風潮に警鐘をならす想いで、言及することにしました。

ここまでは特に問題がありません。どのような薬・ワクチンも100%効くわけではありませんし、効果も100%ではありません。

「子宮」という言葉を聞いて、ともすると、この話は自分には関係ないと思われた男性もいるかもしれません。しかし、世界の動きをみていると、どうもそうは言ってられなさそうです。

特に最近のアジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)を添加した各種の新型ワクチンがもたらす人体への長期的な影響については、いまだ実験段階にあり、不妊症を引き起こす可能性が、ささやかれています。

子宮頸がんワクチンも例外ではありません。大げさに聞こえるかもしれませんが、ワクチンは、もはや人類の存続問題としてみたほうがいいでしょう。

ことの全貌をよく理解していただくために、「子宮頸がん」と「子宮頸がんワクチン」についての基礎知識をまとめてみました。

アジュバントを添加したワクチンがもたらす長期的な人体への影響が不明確な事は認めます。これは「長期的な人体への影響がある」という証明はアジュバントによって何らかの影響がでた段階で結論がすぐに出せますが「長期的な人体への影響がない」ということの証明が事実上不可能だからです。

しかしながら、アジュバントなど医薬品は人に対して利用する以前に設計からはじまり、動物実験、臨床試験などの厳しい審査があり、さらにその段階ごとに検討され、人体に対しての安全性が担保されてから公けにワクチン等で利用することになります。簡単にいえばアジュバントなどは医学的な安全性の裏付けがあるからワクチンなどで使われているということです。

しかも、医師や看護師などの医療従事者は有害事象報告制度というのがあり、使用している薬や機器に関して疑問を持った場合は報告の義務が課せられています。これは先ほど述べたような「長期的な人体への影響がない」ということが証明出来ないことによる危険性を少なくするための安全弁の一つになっています。

また、アジュバントにより不妊になることはありません。そのことに関してはサーバリックスで不妊になるのか?に説明があります。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。