サーバリックスは危険なのか? > THINKER - 子宮頸がんワクチンの危険性について > ワクチン自体への疑問


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは編集途中です


人間の体が、病原菌から自らを守る免疫力。その80%は粘液や唾液中にあります。 これは当然と言えば、当然の仕組みです。ほとんどすべての病原菌は外部からやってきます。 病原菌が最初に侵入してくるのは、目や鼻や口、性器などの粘膜からです。

病原菌などの毒が、いきなり血液中に入り込むことは、不自然なことであり、蛇などに噛まれたり、深い傷を負ったりするときなど、まれにしか起きない緊急事態です。ワクチンのように体内に直接異物を注入する行為に対して、人体は、その血液中に抗体を作り出します。

製薬会社は、この反応を測定して、「ワクチンには効果がある。抗体が増えたから、病原菌への抵抗力が上がっている」と結論付けて、ワクチンの効果を科学的なものとしています。 しかし、血液中の抗体がいくら増えたとはいえ、ほとんどすべての病原菌は粘膜を介して人体に侵入してきますから、粘液中の免疫が活性化されなければ、抵抗力は増したことになりません。 この観点からみると、どのようなワクチンも論理的におかしなものであると言えないでしょうか。

これに関しては、「侵入経路の如何にかかわらず、病原体が体内に侵入してから抗体は働く」という免疫の基礎を全く無視した素人の疑問です。ようするに粘膜からだろが皮膚からだろうが直接血管からだろうがどこから体内に病原体がはいっても免疫は働くということです。

もちろん、ある特定のワクチンは、特定の疾病に対して、何らかの予防効果があるかも知れません。しかし、それですらワクチン中の水銀・アルミニウム・スクアレンなどの有害物質の影響を受けることに変わりはなく、薬物である以上100%安全はありえません。

ワクチンに関して過小評価をしているようです。BCG、ポリオワクチン、天然痘ワクチン、麻疹ワクチン、風疹ワクチン、おたふくワクチン、黄熱ワクチン、狂犬病ワクチン、コレラワクチン、日本脳炎ワクチン、百日咳ワクチンなど様々なワクチンがあり、実際に多数の人が助かっています。

また、東京大学医科学研究所附属病院内科の湯地晃一郎氏が「MRIC by 医療ガバナンス学会」において発表した「 Vol. 260,261 子宮頸がん予防ワクチン:その有効性と安全性について 」から【ワクチンに関する恐怖】を引用しますので一読をお勧めします。

(MRIC by 医療ガバナンス学会から引用開始)
【ワクチンに関する恐怖】

 本章では子宮頸がん予防ワクチンの安全性について論じる際に、書籍「予防接種は安全か」[30]の内容(P293-294)を引用し、子宮頸がん予防ワクチンの情報を加えて記載します。この書籍は予防接種について正しい情報を知るために最適であり、一読をお勧めします。

(以下引用)

 ワクチンに関する恐怖は、いまにはじまったことではありません。1802年に漫画家が、初めて天然痘ワクチンを開発したエドワード・ジェンナーを揶揄するスケッチを残しています。牛痘の接種により、人間がウシになってしまうとしたものでした。当時もワクチン接種を拒否する人々がいました(著者注: [31])。
 今日私たちは200年前の人々の無知と迷信を笑えます。化学の方法論、ロジック、道理のおかげで、人間がウシになるなどという間違った観念をもたなくなっているからです。しかしながら、ワクチンが様々な疾病の原因となることを信じ、ワクチンを接種させない親たちが(アメリカには)存在します。

(引用終わり)

 ワクチンを接種しないことによる、不作為により生じるリスクも、知って頂きたいと存じます。ワクチンを接種しないことで、私たちはワクチンのない200 年前に戻っているのではないでしょうか?日本は世界に比べ、予防接種制度が遅れていることから、多くの人々がワクチンで防げる病気(vaccine preventable disease: VPD)で被害を受けているのです。

 人類の歴史は伝染病との戦いの歴史でした。かつては結核を始め、感染症が死因の1位でした。発展途上国では様々な伝染病が現在も猛威をふるっています。伝染病研究所(後の東京大学医科学研究所)・北里研究所・慶應大学医学部を創設した北里柴三郎先生は、ドイツのコッホ博士のもとで、破傷風菌純粋培養・破傷風菌抗毒素の発見・血清療法の開発と、画期的な業績をあげましたが、我が国の脆弱な医療体制の改善と伝染病の脅威から国家国民を救うために帰国しました。そして今、伝染病の克服により、死亡は激減し、私たちは健康な生活を享受しています。

 そしていま、医学の進歩によりヒトパピローマウイルスが子宮頸がんの原因であることが明らかになりました。子宮頸がんは、ウイルス感染により生じるがんであり、ワクチン接種により予防可能ながんです。検診とワクチン接種が国際標準の医療ですが、ワクチン承認が遅れ、負担額が高額であるため、ワクチンの恩恵を享受できない現実があります。
(MRIC by 医療ガバナンス学会から引用終了)

また、有害物質に関しては上記に述べたようにワクチン接種に伴う有害物質の摂取量は問題にならない程度です。「薬物である以上100%安全はありえません」に関しては、薬物に限らずこの世の中に100%安全なものはないです。人間は知恵がありそれを駆使し、この世に存在するものを慎重に扱うことによって限りなく安全に近い状態で使い続けているだけです。全てのものは使い方により凶器になります。有害物質に関してはサーバリックスの成分サーバリックスに含まれるアジュバントが危険といわれているけど?サーバリックスに水銀やホルムアルデヒドなどが含まれているって聞いたけど?サーバリックスに使用されているスクワレンってアジュバントが危険って聞いたけど?や左メニューのタグを利用して該当する記事を参考にしてください。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。