サーバリックスは危険なのか? > THINKER - 子宮頸がんワクチンの危険性について > まとめ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは編集途中です


  1. 子宮頸がんの原因とされる「ヒトパピローマウイルス(HPV)」は、ごくありふれたウイルスである。
  2. ワクチンは、すべてのHPV感染を予防するものではない。効果は限定的である。
  3. HPVに既に感染していたら、ワクチン接種は、がん発症の危険性を増す可能性がある。
  4. 発がん性のHPVに感染しても90%は、自然に消えてしまう。
  5. 子宮頸がんの原因が、HPVでない可能性もある。-2003年のFDAの書類より
  6. 子宮頸がんキャンペーン自体が、世界的な「医療詐欺」である可能性がある。
  7. ワクチン中の成分「アジュバンド」が、人体に与える長期的な影響は不明である

「医療詐欺の可能性がある」以外は既に述べているので「戻る」リンク等で確認してください。「医療詐欺の可能性がある」に関しては子宮頸がん予防ワクチンと関係がないのでこのサイトでは扱いません。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。