サーバリックスは危険なのか? > 南出喜久治氏の『子宮頚がん予防ワクチンの危険性』について > サーバリックス運動の問題点 8

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは編集途中です

集団接種とプライバシー


既感染(キャリア)の女性からウイルスを除去することはできない。それどころか、ワクチン接種により、HPVの持続感染を助長しかねないもので、現に、既感染の女性にがんを発症させた例が海外で報告されている。
そうすると、集団接種(実質的な強制接種)となった場合、性交渉経験の有無を問診することになるので、その事実の有無の告白を強制することになって重大なプライバシーの侵害となる。仮に、ワクチンが危険であることを理由として接種を拒否した場合であっても、性交渉経験があるから拒否したとの憶測と風評によってイジメや差別を受ける恐れもある。集団接種は、性交渉経験の有無を推認させる踏み絵となり、あるいは、性交渉経験事実の告白を迫られることになるために、プライバシーを侵害することになるのである。性交渉経験があるにもかかわらず、これがあると告白することを躊躇って、性交渉経験がないとして接種を受けることになれば、かえってHPVの持続感染の危険にさらされる。このようなことで女児の心に傷を付け、現場(学校)や家庭が混乱する。また、個人情報の管理がずさんであれば、性交渉経験の有無の事実が漏洩したり、風評などによって、女児に対するレッテル貼りやイジメがなされる可能性もある。集団検診であれば、他の女児と一斉になされるため、当然にその個人情報は漏れる。これこそが重大問題なのである。

既感染(キャリア)の女性からウイルスを除去することはできない。は事実です。しかし、サーバリックスは予防の為のワクチンですので致し方ありません。

既感染の女性にがんを発症させた例が海外で報告されている。に関しては、その様な例もあるでしょうが、HPV既感染の女性でワクチンを接種した人としていない人の間ではがんを発症する確率に差異は認められないことが既に示されています。

また、海外では集団接種を行っている国もありますが、日本ではサーバリックスの接種は自由意志で決められます。よって、集団接種における話は無意味です。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。