サーバリックスは危険なのか? > 南出喜久治氏の『子宮頚がん予防ワクチンの危険性』について > サーバリックス運動の問題点 9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページは編集途中です

サーバリックスに使用されているアジュバント


ワクチン接種によって、食物として摂取する中に含有している他の化学物質、薬品などが誘因となって、別のがんを発症する危険がある。特に、サーバリックスが用いている油性タイプのアジュバントは、有効成分(HPVたん白質ウイルス様粒子)を油の膜で包み込むことにより、体内に長期間、残留させる仕組みであることから、この油性アジュバントという「大型の異物」は、これによる抗体を形成するなどの様々な反応を起こす可能性がある。その反応の中に、この異物が体内に拡散させることを阻止するために「肉腫形成」と呼ばれる発がん現象を起こすことがあるとされているからである。

サーバリックスには油性タイプのアジュバントは使用されていません。よってこの南出氏の見解も無意味です。詳しくはサーバリックスの成分やタグの「アジュバント」で参照できる記事を見てください。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。