祠堂壬月

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

((入学届け生徒用(ぷろふぃーる)、


「生身の君には興味がありません。寧ろ、話すのさえ面倒ですね。ですから話しかけないでください。僕は屍になったら君が大好きになりますよ。」
「――嫌だっ!嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!…僕を…僕を一人にしないで!!」

『―――…その通りです。僕がした事は罪です……ネクロフィリアだから、なんて理由で許される筈がありません…が、それでも僕は屍を愛しています。ですが、僕が屍を愛する事が罪ならば、それすら受け入れましょう。いっその事、屍も罪も愛しましょう。それが僕のできる償いなのですから。』


名前:祠堂 壬月/しどう みつき
性別:男の子
年齢:18歳

性格:
真面目な子には裏があると言いますか、腹黒い子です。普段は基本的には大人しいですけど常に敬語と毒舌で高圧的です。勿論、何を話すときも上から目線で、困ってる人を見れば老若男女・親交の有無・自身の危険一切不問で助けに……行きません。自分の危機を優先します。寧ろ、困っている人を見ると何故か満面の笑みで見守ります。すっごい笑顔です。んでもって、自他共に認める幸運体質。楽なことを重視する傾向にある。なかなか本心を口にしません。ツンデレなんて、そんな可愛いレベルじゃありませんよ。ツン9.5:0.5デレの割合でほぼツンツンですよ。ジャックナイフです。別に根暗じゃないですよ?普通に明るいですよ?自分の欲望に忠実。自分を面白がらせてくれる者は異性だろうが大好物…じゃなくて無償の愛…でもなく、土砂降りの雨のような毒舌攻撃を差し上げます。冷酷残酷、“優しい”と言える箇所はどこにも存在せず、自分以外の生徒のことはただの人形としか考えておらず、興味関心を示すことはない。縛られることに慣れてしまった故か、縛られることを普通としてしまい、一人を異常なほど怯えるようになった、誰かに縛られなければ愛を感じないが、屍に対しては逆に無償の愛を注ぐ屍体愛好者。

容姿:髪の毛は癖っ毛一つない艶のある黒色。前髪は瞳にかかるくらいで襟足は首にかかる程度。切れ長だが目つきが悪いとまではいかない。瞳は髪の毛と同じ色をしている。常に、このゴミ野郎なんて目をしてるかもしれないけどね。あと眼は悪いから眼鏡してるよ、縁無しの。よく眼鏡が光るよ。唇は薄め。どちらかと言えば色白な方。身長は174cmほど。

服装:制服はきっちり着るタイプ。白いYシャツで釦を二、三個外しており、中にはグレーのTシャツを着ている。ジャラジャラとしたアクセサリーが嫌いで、服に一切、装飾品をつけていない。だが、つけていないのは服だけで、指や手首に指輪やブレスレットがくっ付いていて、左手首には手錠がぶら下がっている。

学年クラス:3年3組
部活動:無所属
委員会:保健委員

異常点:孤独に対しての異常というまでの恐怖心と極度の屍体愛好者
能力:細胞操作/体内の細胞を自由に操作して、身体能力の向上、身体回復力の底上げなどが可能。ただし、長時間使用すると、身体が悲鳴を上げて、数時間身体能力が下がったり、回復力が落ちる。

募集;どなたかの募集に乗っかりたいな、何て思ってます。

備考:
一人称は「僕」二人称は「君」「苗字」「~さん」仲良し度が高ければ「名前」年上だろうが年下だろうが、初対面はさん付け。大の辛党で、ハバネロとか大好物。最近は食べるラー油を自作するのが趣味。それでも味覚ド音痴。ごはんにマヨネーズ&ラー油は当たり前。果物とかにもかけて食べちゃうよ!


イメージソング.鮫/天野月子
イメージCV.石田彰


本体様:★ltRx7T5SX5_aPZ
アカウント:アンガス - ruck1 さま