。幻夢沫泡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 泡沫夢幻。≠。幻夢沫泡



 鏡に映しだされたわけではないのだけれど

 もう一つの世界がみえるようになった気がした。

 不幸な世界がみえたんだ。



 その世界は、文化ばかりが進んでしまったけれどとても歴史を大切にしていた。
 だから、町並みも、言葉も。現代のものがあったり、古くさいものがあったり。
 そんなもう一つの世界の、小さな街「采皆町」(さいかいちょう)での、少しおかしい少し変わった住人達の物語。


((とある商店街にある大きな薬屋「六月一日屋」にて
「六月一日の薬は最高ですよう? ふふふっ、お薬を買うのならば六月一日屋に来るといいのですよ」

((とある海沿いにある一つの組織「不解鬼家」にて
「この町が平和で居られるのは、我々の力だけとは限らぬ。所詮極道に出来る事など限られているという事だ」

((とある治安を守る陸軍屋敷「栂谷原邸」にて
「おれはいいと思うよ、だって采皆町って、平和だからね。悪いけど今忙しいんだ。後から話をしてあげるよ」



 「時折思い出すんだ」
 「何をですか?」


 「なんていうか、」


 「もう一人の自分の、記憶みたいなものをさ。頭にぶわーっとさ」


 「何ですかそれ。面白いですね。それより早くアイス食べないと溶けますよ。お仕事も控えてますし」
 「あー……これ食ったら仕事だな」

 「さ、仕事仕事。郵便配達屋さんも、お薬屋さんも、治安維持の方々も頑張ってるんですから」


 これはもう一つの世界のおはなし。



ちゅうい。

しっぴつしゃは、みんなのあいどる、かがやらびっとだよ!(



名前:
コメント: