※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Janetterのテーマについて

ユーザーテーマのインストール

設定 - デザインの「新しいテーマを追加する」でインストールできます。

拡張子「*.janettheme」を「*.zip」に変更して、解凍し、「C:\Program Files (x86)\Janetter2\Theme\Items」にコピーすることで手動によるインストールが可能です。

テーマのアンインストール

設定 - デザイン画面で、削除したいテーマに切り替え、テーマのサンプル画面を 右クリック>テーマ削除 で削除できます。
使用中のテーマは削除できません 。別なテーマに切り替えてから操作を行ってください。
  1. デザインタブを開く
  2. 削除したいテーマを選ぶ
  3. 右クリック
  4. 削除
直接、「C:\Program Files (x86)\Janetter2\Theme\Items」から削除することもできますが、Janetter起動中には行わないでください。

ユーザースタイルシート

「%APPDATA%\Jane\Janetter2\UserStyleSheets」フォルダ内のcssをすべて読み込んで適用します。
すべてのテーマを対象にした共通cssです。


開発者向け情報

V2ではV1とは仕様が大きく変更されました。
名前 ver1.x系 ver 2.x
テーマファイルの拡張子 .janetheme .janettheme
テーマの配置場所 「%APPDATA%~」 「C:\Program Files (x86)\Janetter2\Theme\Items」
デバッグ方法 / 起動オプション 「--debug」
URLの取得 「Ctrl+Alt+Shift+P」 コントロールボックス(システムメニュー)内の「 URL Copy
※デバッグモードで起動させておく必要があります

theme.ini

テーマファイルの制作者情報や、ウィンドウデザインに関する設定ファイルです。
カスタマイズするときには書き換える必要がありますので、注意してください。
カスタムテーマ/theme.iniへ移動

CSS

ウインドウの内側(タイムラインや書き込み欄)のデザインを決めます。
HTMLの知識が必要です。
カスタムテーマ/CSSに移動

template

画面に生成されるHTMLの型となるものです。細かい変更を行う際に編集します。
カスタムテーマ/.tplに移動

Javascript

「Theme/Common/js/plugins」フォルダに置いたjsは自動で読み込むようになっています。
極力、スクリプトの変更は行わないか、関数の上書きで対応してください。
今後のバージョンアップ等でJanetterが起動しなくなる等の不具合を起こす恐れがあります。

Webkit系ブラウザを使った開発

  1. Janetterを"--debug"オプションをつけて起動させる
    例:「"C:\Program Files (x86)\Janetter2\bin\Janetter.exe" --debug」
  2. 左上のロゴを右クリック
  3. URL Copy を選択
  4. ブラウザーのアドレスバーにペースト

※v4からJanetterSrv.exeが接続を1クライアントからのみしか受け付けなくなり、上記の方法だけではブラウザで開けなくなりました。

以下に手順を記します。

  1. Janetterを"--debug"オプションをつけて起動させる
    例:「"C:\Program Files (x86)\Janetter2\bin\Janetter.exe" --debug」
  2. 左上のロゴを右クリック
  3. URL Copy を選択
  4. メモ帳などに、ペーストしておきます。
  5. 以下のサイトからProcess ExplorerをDLし、実行します。
    1. Process Explorer
    2. http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896653
  6. Processの一覧からJanetterSrv.exeを探し、右クリック - Properties... を開きます。
  7. Command line:の内容をコピーします。
  8. Janetterを終了します。
  9. コマンドプロンプトを開き、Command line:の内容でJanetterSrv.exeを実行します。
  10. ブラウザを開き、URL Copyしておいた内容をブラウザーのアドレスバーにペーストして開きます。
※ブラウザが勝手に?を%3Fに置き換え、「ページが見つかりません」と出るので、%3Fを?に手で直してください。


profile_htmlの動作確認をしたいとき

登録している自分のアカウントのプロフィール画面を開いてテストする
file:///(ファイルまでのパス)/(ファイル名).htm ?screen_name=<screen_name>
任意のscreen_nameを指定してテストするとき
file:///(ファイルまでのパス)/(ファイル名).htm ?screen_name=<screen_name>&juid=<user_id>
user_idには自分のアカウントのuser_idを書きます。user_idはプロフィール画面右下の「#(数字)」から調べることができます。
または「http://twitter.com/users/show/<screen_name>.xml」にアクセスし、<id></id>で囲まれたところに書かれたuser_idを控えることでも調べられます。


notice.htmの動作確認をしたいとき

上記の方法で、JanetterSrv.exe(必須)とテーマのindex.htmをChromeで開きます。
notice.htmをchromeで開く際に、テーマのindex.htmの後ろについている?以降をそのまま付加して開きます。
Chromeで開いた場合、テーマ画面での設定変更(TLを通知対象に変更等)はnotice.htmへは反映されないため、反映させるにはリロードします。