※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


7月8日生まれ
蟹座
18歳(ただし、酒を飲んだり、酒が好きという台詞や描写がある)
身長170cm、体重58kg
武州出身。
副長の座(土方の命)を狙う真選組一番隊隊長。語尾に「〜でさァ」「〜ですぜィ」と付けてかったるく喋る江戸っ子口調が特徴。落語をよく聞いており、ドラマCDでは解説役を担当。

亜麻色の髪に蘇芳色の瞳(原作では空色)と、見た目は童顔で甘いマスクのさわやかな美少年だが、腹黒・毒舌・ドSである。黒いことを考えている時は不気味な笑みを見せる。短い時間で女性を自分に絶対服従の下僕に調教できる。しかしドSな面を強烈に披露する一方、ナイーブで打たれ弱く不器用な面も持つ。土方にイタズラをする際に読者すら騙そうとしたり、自らも3日間飲まず食わずで楽しむなど、サドだけでは説明できないエキセントリックな性格の持ち主でもある。ちなみに好きなジブリヒロインは(強いて言うなら)『魔女の宅急便』のキキであり、「ああいう自尊心が強いキャラの方が調教しやすい」と言っている。

とはいえ柳生篇で神楽が手を傷めた時に治してあげようとしたり(結局逆効果になってしまったが)、道信の養子が彼の仇をとって欲しいと万事屋に頼みに来た際に、その依頼を受ける万事屋のことをバカと称しながらも自分もまたバカだと土方に説明し、自ら煉獄関に赴くあたり、優しい一面も持ち合わせている。

また「汚れた目でこそ見える、汚してならないものを汚させない」という侍道をもつ。またそのためなら自らの手を汚し、殺人鬼呼ばわりされるのを厭わないという一面も持つ。彼も銀時や土方同様、悪人を演じていることも多い。

仕事をサボりがてらの昼寝の時には目玉が描かれた赤いアイマスクを愛用するなど悪ノリが大好きで、隊内で最年少の所為か子供のように自由奔放であり、土方や銀時から「クソガキ」と称される。しかし違法賭け施設である煉獄関を潰すよう万事屋に依頼するなど、自分なりの正義感もちゃんと持ち合わせている。また攘夷志士をおびき出して罠に嵌めるなど、大胆に策をとることもある。攘夷志士の桂を追いかけるなどたまには真面目に仕事もしているようだが、普段はバズーカなどの火器類を使用する事が多く(ただ破壊活動を楽しんでるだけの様にも見える)、その度に周囲を巻き込み、近藤や土方も手を焼いている。しかし剣の腕前は真選組随一で、作者いわく設定上は純粋に剣の腕だけなら近藤・土方を上回るらしい。六角篇では敵に囲まれ銃撃を受けたものの、その弾丸を素早い刀さばきではじき返した程である。ただ、ミツバ篇では、土方に姉の幸せを踏みにじられると思い込み逆上した際に敗れている(しかしその後近藤に「珍しく負けたそうだな」と言われることから、普段は土方にも勝るようだ)。また柳生家の四天王に「若(九兵衛)と同じくらい強いかもしれない」と言われたこともある。しかし破壊活動を楽しむためか普段から刀よりもバズーカを愛用し、土方から「サディスティック星から来た王子」と称されたり、実際新聞に「サド王子」と載ったり、自分のカブトムシを「サド丸22号」と名付けたりしている。口達者で、ロボットダンスを含む大抵のことは器用にこなすことが出来る。ただ土方の発言からも分かるように、頭はあまり良くないようだ。

幼くして両親を亡くし、姉のミツバに育てられた過去を持つ。そのため、唯一の肉親である姉を本当に大切にしていた。また彼女の前では一人称が「俺」から「僕」に変化し、姉のことを「お姉ちゃん」「姉上」と呼ぶ。その頃から出会った近藤に懐き道場に通うようになるが、土方に近藤や姉を奪われてしまったと感じるようになり、土方の存在を怨むようになる。以降、土方が姉の想いを拒んだことなども葛藤となって、土方が気に食わずにいたが、ミツバ篇を経て乗り越えたようである。また、土方とは普段の行動を共にすることが多く、利害が一致している時は息の合った掛け合いを見せる。しかし実際は冗談ではなく、本気で(ミツバの真意を知ってもなお)副長である土方の抹殺もしくは失脚を企んでいた様に見える行動もあり、その心中は不明である。姉を大切に思う気持ちは本物であり、私欲でミツバを利用しようとした蔵馬を始末した。

近藤のことは心から慕っており、副長の座への執着も彼の場合単なる野心から来るものではなく、局長である近藤に一番近い場所だからである。近藤に刃を向ける者に対しては容赦なく、彼に仇なす者には普段は見せない激しい怒りを見せるなど、近藤への想いは強い。真選組動乱篇では、副長の座を手に入れるという目的と利害の一致で伊東の陰謀に加担したが、伊東は近藤まで手をかけようとしたために、伊東とその仲間に対して激怒し離反(沖田の方も伊東の野心に気が付いていた所があり、電車内に爆薬を仕込むなど事前工作をしていた)、伊東一派を土方が定めた局中法度の下で粛清した。

過去に三人の隊士が殉職した六角事件の生き残りであり、同じく生き残りである神山のことは鬱陶しがってはいるが一応信頼はしているようである。

銀時を「万事屋の旦那」と呼び慕っており、彼とは「ドSコンビ」であった等、腐れ縁の仲(沖田曰く、近藤の言葉を借りると悪友)となっている。また真選組では始末できない煉獄関の始末を銀時に頼みに行ったこともあることから、彼の実力も認めているようだ。またミツバにも沖田が銀時を慕う訳がわかるといわれている。神楽とは、極端に互いを意識したライバル関係である。神楽と会うたびにすぐ喧嘩をしトラブルを起こす犬猿の仲だが、お互いライバル同士でもあり、戦闘部族の彼女と互角の戦いを繰り広げたりもする一方、非常時には共闘することも何度かある。新八とは柳生篇の際に(第二の)ライバルと認識したが、文通篇では協力している。意外にも交友関係は隊外にも広いようだが、「爺さん」や「ヒロ君(地愚蔵)」など謎に満ちている。

『シェンムー』の続編を未だに待ち続けるほどのセガ派である。気に入った生き物には大抵「サド丸〜号」と名前を付ける[1]。

ジャンプの人気投票では、第一回目、第二回目までも銀時に続き、2位を押さえる人気ぶりを見せた。また、ジャンプショップでの売上第一位は沖田のアイマスクである[2]。

『3年Z組銀八先生』ではサボり気味で甘いマスクの風紀委員。こちらでも土方や周囲の人をからかうなど、腹黒さは健在。PSPをプレイしながら学園祭の見回りをするなど、奔放さもあるようだ。ここでも神楽とはライバル関係である様子。

初期設定では女隊士。髪を横結びにしており、このキャラクターはそのまま寺門通になった。この時の「傘を武器に使って戦う」という設定は神楽に引き継がれている。性格が「ツンケンした感じ。」(空知談)。


名前は新選組一番隊組長を務めた沖田総司より。