エベレスト(2回目)

2010年エベレストまとめ

※過去にアップされていた動画の多くは現在すでに削除されている。


記者会見で配布されたルート図。(クリックで拡大) C5まで設営の予定だった事がわかる。

略語 BC→ベースキャンプ C1→キャンプ1 BC:標高5300m C1:6100m C2:6400m C3:7000m C4(サウスコル):7900m

シェルパとファンの学生が事故死

先行してBC入りしようとして一人早い便で向かったシェルパがアグエニア航空カトマンズ-ルクラ航路の墜落事故により死亡する。よりによってアンナプルナで遭難寸前の栗城を救出したテンバ・シェルパであった。また、この後も天候不良が続いたため運行が1週間ストップ。計画の大幅な変更を余儀なくされる。
参考:時事通信社47NEWS

シェルパにルート工作をやらせて栗城は何もせずに停滞

ベースキャンプ(5300m)地点での栗城隊全容写真 (クリックで拡大)
これだけイナバの物置状態の数の工作員がいれば多い日も安心

  • C1で停滞中の栗城が無線でルート工作のシェルパの増員を要請。
■BC「(シェルパ達が)明日早くBCを出て直行でC2まで4人で上がり、
    一人をC2に残しテント設営を頼み、
    3人がC3に向けてルート工作に進みたいと言うことです」

■栗城「はい了解です」

■BC「本日も昨日と同様、C1には栗城一人、誰も上がらずになりますが
    どうでしょうか?」     

■栗城「ただし食料も限りがありますし、そんなに停滞できるわけじゃないと
    思いますので、えー、シェルパが明々後日にC3に上がれるのであれば
    残りたいと思います。で、その分ルート工作に向けてシェルパの人員を
    増やしたいと思うのですがいかがでしょうか?」
(略)
■BC  「予定早ければ(4人のシェルパが)明後日までにC3に入れると思います」

■栗城 「がんばって停滞します」

  • 栗城がC1で停滞している間に上部でルート工作しているシェルパが雪崩に巻き込まれる(生還)
栗城ブログ 2010-09-18 22:54:53 http://ameblo.jp/kurikiyama/entry-10652420313.html (魚拓とそのキャプチャ画像
●今日、ルート工作のシェルパが雪崩に巻き込まれました。
 全員無事でしたが、本当に危険だと思います。

●今、C1にはC3へのルート工作のための栗城隊シェルパと ローツェを登るチェコ隊、
 それからアメリカ隊がいます

●明日からアメリカ、チェコ、栗城隊でルート工作開始。
 明後日から僕は登り初めてます。雪は腰まであるそうです。
栗城ブログ 2010-10-07 10:52:12 http://ameblo.jp/kurikiyama/entry-10669750501.html (魚拓とそのキャプチャ画像
●今回は、異常気象で異常な雪質のため、 アメリカ隊のシェルパからも 要請があり、
 栗城隊のシェルパと共に7000mちょっと上まではルートを作っています。

栗城とルート工作のシェルパの日程表(1:28~ 9/28時点)

動画に副隊長のノートがちらっと映り、そこに栗城とルート工作のシェルパの日程表が書いてある。
日程表ではシェルパが栗城よりも先行してC4(標高7900m)まで進んでいる。
(ただ、おそらく時間切れのためC3とC4の間までしかルートが完成せず)
http://www.youtube.com/watch?v=Efo8E287nmo

   栗城       ルート工作
9/28 C2
9/29 C2→C3     C2→C3→C4→C2
9/30 C3→C4      C2→C4(2人)
10/1 C4→Top→C4   C4(2人)
10/2 C4→BC     C4→BC

キャプチャ画像 (画像クリックで拡大します)

シェルパのルート工作が遅れているため停滞

今はC3にいます。7000m、ものすごく寒いです。
明日上がっていきたい気持ちでいるのですが、イエローバンドのフィックス、昔のロープ等々
色々とあって一日停滞します。明日は休養。明後日、サウスコルに上がってアタックしたいと思います。
(※)イエローバンドはC3とC4の間にある地層

2度目のエベレストも高度順応失敗で下山

「わかってるよぉー」 C3とC4の間の約7700m地点で下山 
http://kurikiyama.fc.yahoo.co.jp/8/648/

シェルパに救助される

今回のエベレスト遠征を特集した番組 『地球の頂へ 栗城史多 エベレスト挑戦』 の中で、
標高約7700mで栗城が下山を開始したときに、シェルパ2人がそのすぐ下を登ってきているのが映っていた。
キャプチャ画像 (画像クリックで拡大します)
真ん中の点が栗城、右下の2つの点がシェルパ位置解説図

このシェルパ2人に救助され、酸素ボンベを吸った模様。翌日の生中継でそのことを公言している(下記参照)。

酸素ボンベを使用

アタックに失敗した翌日にC3で行った生中継の動画
http://www.ustream.tv/recorded/9943558
(1:14.22~)
「昨日ですね~ 実は体調が非常に悪かったんです。
 それで、エマージェンシー救助のシェルパ2名がですね~
 C3に酸素を1本置いていってくれまして、生まれて初めて酸素というやつをですね~
 吸いました。最高に気持ちいいです!」

生中継中にも酸素を吸う
(1:15.20 酸素マスクをつける)
BC 「マジで吸うんですか?」
栗城「あのねぇ~こっちは真剣にやってんの!」
BC 「日本側からアァーという声が上がっていますが・・」「( ゚д゚)ポカーン」
(1:18.20)
栗城「酸素カンパーイ! 酸素があれば何でもできる」
(※)ちなみに栗城は過去に酸素ボンベを吸ったことがあり、生まれて初めてではない→エベレスト(1回目)

酸素ボンベ使用シーン

テレビ特番

テレビ東京系列 『地球の頂へ 栗城史多 エベレスト挑戦』 2010年10月24日(日) 夜7時54分~9時48分放送
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/21320_201010241954.html

栗城がYoutubeなどにアップしていた動画にはトレースやフィックスロープは映っていないが
この番組ではC3より上にも途中までルート工作跡がはっきりと映っていた。
また、栗城が標高約7700mで登頂断念して下山を開始したときに
シェルパ2人がそのすぐ下を登ってきている場面が放送された。
なお、残念ながら視聴率はゴールデン帯で4.2%と記録的に低かった→日曜ビッグバラエティ

後に発表された公式見解

http://kurikiyama.jp/news/topics_ensei/529.html (魚拓)
自ら公開した動画やブログ、テレビ放映された内容と明らかに矛盾を生じている。

生中継で栗城自ら「前日非常に体調が悪かったため、エマージェンシー救助のシェルパ2名が
C3に上げた酸素ボンベを吸った」と語っていたにも関わらず、公式見解では無かったことにされた。
またこの公式見解は今回のエベレストのテレビ特番が放送されるに数時間前にアップされた(※)。
テレビ特番によりC3より上でのシェルパのルート工作が明白になり、シェルパ2人が栗城のすぐ下
(7700m近く)まで登ってきていたことが判明し、この公式見解と完全に矛盾をきたすことになった。
また放送当日、栗城隊の副隊長と思われる人物(sekigold)が執拗にWikipediaの編集を行っている。

(※)放送6時間前の13:48にsekigoldがWikipediaに投稿した内容に、公式見解へのリンクが含まれている。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%A0%97%E5%9F%8E%E5%8F%B2%E5%A4%9A&oldid=34628676
(Wikipediaに表示される時間に+9時間したものが日本時間なので、13:48にこの内容を投稿したことになる。)


アメリカ隊との繋がり

同時期にエベレストに挑んでいてエベレスト登頂に成功したアメリカ隊は、ブログで栗城のことを
Planning on climbing without Oxygen and outside assistance (to some extent)
と書いている。カッコ部分に注目
山屋が認めた単独ならば'solo'と書くはず
http://www.ericlarsenexplore.com/updates/journal/145603

アメリカ隊登頂成功の報を聞いた栗城は称えるどころか
アメリカ隊は酸素ボンベ使用なので、
気圧で酸素が濃いか薄いかは関係ありません。
酸素ボンベは体感で標高が半分にもなるアイテムです。

アメリカ隊の登頂成功を祝わないのかの意見に対するツイート
心から言ってますよ。ABCでかなり仲良くなってる仲でしたから。
RT @motherfocus @kurikiyama
それならあなたもアメリカ隊におめでとうの一言でも言えば?

ちなみに栗城さんは今回も酸素を使い始めるとされる高度まで行っていません。
到達高度は7750m(本人談)
そもそも、酸素を吸い始めるのは通常7900m
(達成当時は世界最年少の7サミッター山田淳氏のツイートより)
http://twitter.com/atsushi58/status/27618105653
http://twitter.com/atsushi58/status/27618640180


後日談

栗城は2年後にエベレストで重度の凍傷を負い、真っ黒になった指の画像をFacebookにアップ。 アメリカ隊のエリック・ラーセン氏はこの写真をシェアしたが、そこにつけたコメントには凍傷への警句に加えこんな指摘があった。

"I met Kuriki Nobukazu on Everest in 2010. He stated he was climbing 'solo' although there were four or five Sherpas carrying gear. He then aborted his climb shortly after reaching Camp 3.
(私は2010年のエベレストで栗城史多と会った。 彼はギアを運ぶ4~5人のシェルパが帯同していたが“ソロ”クライミングと述べていた。彼はC3に到着後まもなく登山を中止した。)


参考データ

  • 上記アメリカ隊(エリック・ラーセン隊)の動画一覧

  • 日本ヒマラヤ協会のデータベースによる2010年の海外遠征日本隊の記録
日本隊リスト2010(pdf)
日本人隊員だけで10人の大所帯。到達標高は記載されていない。

  • この遠征の公式特設サイト


2010年エベレスト関連項目


スケジュール


実際の行程表

8月17日 日本出発
~8月23日 カトマンズ 天候不良のためルクラまでの飛行機が飛ばず
8月24日 飛行機墜落事故
~8月29日 カトマンズ 葬儀や、天候不良で飛行機が飛ばず待機
8月30日 ルクラ着→パクディン2610m
移動
9月4日 BC(5300m)着
~9月11日 BC
9月12日 BC→C1(6100m)→BC
9月13日 BC
9月14日 BC
9月15日 BC→C1
9月16日 C1 悪天候と、シェルパによるルート工作待ちで動けず。
18日にルート工作のシェルパが雪崩に巻き込まれる。
9月17日 C1
9月18日 C1
9月19日 C1→BC
9月20日 BC
9月21日 下の村で休養
9月22日
9月23日 BC
9月24日 BC
9月25日 BC シェルパがルート工作*1

アタックステージ

9月26日 BC→C1
9月27日 C1→C2(6400m)
9月28日 C2 腰痛」を理由に停滞*2
(おそらくシェルパがルート工作するための時間稼ぎ)
9月29日 C2→C3(7000m)
9月30日 C3 シェルパによるルート工作待ち
10月1日 C3→7750m地点→C3
10月2日 C3→BC C3で生中継