中国・江蘇省の南京市で発生したバラバラ殺人事件についての記事がヒットする。

1986年、南京市で20歳の女子大生が行方不明になった。
1月19日の朝に清掃業者が繁華街周辺で肉片の詰まった袋を見つける。
清掃業者が中身を調べると三本の人間の指が見つかり、通報を受けた警察の調査で袋やベッドシートに含まれた肉片や人間の頭部が見つかり、それらは行方不明になった女子大生のものだとわかった。
発見された身体の断片は2000個以上に及び、肉片は全てナイフで切り刻まれ加熱され、まるで調理されたような状態だったという。

バラバラにされた女子大生の遺体の画像もヒットするため閲覧には注意が必要。

分類:グロ、マイクラ、真実
危険度:4

コメント

  • 不謹慎な事を言いますが、山本タカトの絵の様なご遺体でした。ご冥福をお祈りします。 -- 名無しさん (2019-01-15 14:16:06)
  • しょうもな -- 名無しさん (2019-03-14 07:59:40)
  • ↑か、かっこい〜……w -- 名無しさん (2019-03-19 16:30:21)
  • あっそ -- 名無しさん (2019-03-23 17:20:19)
  • 損壊が酷いというか一部加熱されてたり、まだ生の部分があって肉が食えなくなるぞ -- 名無しさん (2019-04-16 21:59:07)
  • ウソダドンドコドーン! -- 名無しさん (2019-05-19 17:20:03)
  • いやキッツ… -- 名無しさん (2019-06-21 21:39:53)
名前:
コメント: