役職 > 祟神

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(実装: Ver. 1.4.0 β20 / 最終更新: Ver. 3.1.0 α2)
表示 祟神
所属 村人陣営 / 座敷童子系
判定 占い結果>呪詛★(「村人」) / 霊能結果>「村人
夜投票 無し
処刑投票 処刑得票】投票者に30%の確率で[死の宣告](2日後執行)を付加
他能力 天候発生率変動】生存時「青天の霹靂」発生率微増
耐性 襲撃カウンター人狼の襲撃で死亡すると[死の宣告](2日後執行)を付加
暗殺反射>30% / 呪い所持 / 御祓い>死亡
登場 (Ver. 1.4.0 β20実装)超闇鍋村 / ×強心村 / ×封呪村
ログ表記 [祟神] / [祟]

説明

座敷童子系役職です。
自身に処刑投票した人には一定確率で、襲撃した人狼系には特定の場合を除いて必ず[死の宣告]をします。
呪い所持者で、一定確率で発動する暗殺反射能力を持っています。
例外的判定
占い結果自体は「村人」ですが、呪い所持者です。
占い結果を知るには、何らかの形で呪いへの対策が必要です。
御祓い有効
[祟神]は呪い所持者なので、御祓いを受けると「呪詛に呪い殺されて」死亡してしまいます。
襲撃カウンター : [死の宣告](2日後執行)(襲撃者)
人狼の襲撃で死亡した場合、襲撃した人狼系[死の宣告]をします。
[憑狼]襲撃で死亡した場合、[死の宣告][憑狼]本体に付加されます。
[祟神]自身が身代わり君の場合、もしくはLW[天狼]襲撃された場合は無効です。
暗殺反射能力所持(30%)
[祟神]は一定確率で発動する暗殺反射能力所持者です。判定前に既に死亡していた場合は無効です。

固有の能力

呪い所持者です。呪いの影響を受ける能力を行使されると、その人は「呪詛に呪い殺されて」死亡します。
呪いの影響を受ける能力の判定前に自身が死亡していた場合や能力が占い妨害の影響を受けた場合、所持する呪いは機能しません。
処刑対象が決定した際、自分に処刑投票した人にそれぞれ30%の確率で[死の宣告]をします。執行日は2日後です。
[死の宣告]をする能力は、何らかの理由で対象が判定前に死亡した場合や特殊耐性所持者の場合は無効ですが、自分が処刑された場合でも有効です。
また、上記のような襲撃に対する反撃能力や、30%の確率で発動する暗殺反射能力を持っています。

役職との関係

[憑狼]
[憑狼]襲撃で死亡した場合、[死の宣告][憑狼]本体に付加されます。
憑依が阻止もしくは執行前に解除されない限り、付加した[死の宣告]は効力を発揮できません。
特殊耐性所持者
特殊耐性所持者が[祟神]に処刑投票しても、[死の宣告]はされません。
特殊耐性所持者の人狼系が[祟神]を襲撃した場合、LW[天狼]でなければ[死の宣告]を無効化できません。
[天狼]
LW[天狼]の場合、処刑投票と襲撃カウンターのどちらでも[祟神]から[死の宣告]を付加されることはありません。

オプションなど

天候」(Ver. 1.5.0 α3~)
天候」の時、サブ役職によるショック死は発生しません。
天候青天の霹靂」(Ver. 1.5.0 α3~)
天候青天の霹靂」の時、処刑投票の度にランダムで1名が「落雷を受けてショック死」します。
特殊耐性所持者と[出題者]は対象外です。生存している間、天候青天の霹靂」の発生率がわずかながら上昇します。
天候日蝕」(Ver. 1.5.0 α9~)
天候が「日蝕」の時、暗殺反射能力は無効です。
天候寒波」(Ver. 2.3.0 RC1~)
天候が「寒波」の時、暗殺反射能力の発生率が30%上昇します。[祟神]の場合は本来の発動率に加算され、60%になります。
天候月蝕」(Ver. 1.5.0 α9~)
天候月蝕」の時、呪い所持者の呪いは無効です。呪術能力は有効です。
配役オプション
ショック死を引き起こすサブ役職を発生させる呪い所持者の為、オプション「出現率変動I:強心村」オプション「出現率変動J:封呪村」を適用すると配役されなくなります。

過去バージョン情報

Ver. 1.5.0 α3~Ver. 1.5.0 α7
生存していても天候青天の霹靂」の発生率は変化しません。