ストーリー

登場人物

ヴァネッサ・ド・ヴェルデ伯爵
とある領国を治める伯爵家に生まれ、壮年期に先代が没すると爵位を継承した。
ほどなく領内に銀鉱山が発見され、採掘権を巡る争いが長く続き領国は荒廃していた。
しかしある時信じがたい異能「赤の力」を発揮し、自ら戦って紛争を終結させる。
平和が訪れた領国を繁栄に導き、その後しばらくの間は領民を思いやる名君として慕われていた。

彼の顔立ちはDJ YOSHITAKAがモデルとなっている。(後のJOMANDA/VALLIS-NERIA/Lisa-RICCIAの魁とも言える)

また、ヴァネッサ伯爵というキャラの初出は、beatmaniaIIDX 14 GOLDのVANESSAのムービーによる。http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx14/song/vanessa.html
(ただし特殊なレイヤー処理を使用していたためか、IIDX tricoroの時点でムービーそのものが削除されてしまっている)
リフレクでもお馴染みのAnisakis -somatic mutation type"Forza"-の初出である
beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERSにおける曲紹介(http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx15/song/anisakis.html)で触れられていた彼の晩年は、この物語で明確に提示されることになった。

ラインハルト子爵
ヴェルデ伯爵と共に戦い、領国平定に貢献した伯爵の親戚。
爵位が低いので自分の領国は持っておらず、紛争が終わった後もヴァネッサ伯爵のもとで執政の補佐を勤めていた。
ところが、あまりにも美しいクラウディアに道ならぬ恋幕を抱いてしまう。彼の想いが行き着く先は……?

こちらはL.E.D.がモデルであると言われている。

ヴェルデ夫人:クラウディア
正確な時期は不明だが、紛争終結の前後に突如として伯爵領に現れた若く美しい女性。
没落貴族の生き残りとも王族の隠し子とも噂されるがいずれも定かではない。
独身だったヴェルデ伯爵と恋に落ち結婚、伯爵夫人となる。
結婚後はほとんど城から出ず、領民はその様子を知る由もない。

マクイヤ
"最後のアサシン"と呼ばれている、凄腕の暗殺者。
無自覚のうちに「白の力」なる異能を秘めており、
数々の危険な依頼を生き延びてきた。
一度は暗殺の仕事から足を洗ったのだが、「懴悔の灰」による理不尽な病に侵された
妹を治すために大金を必要とするようになり、再び暗殺依頼を請け負うことになる。

挿絵では覆面であり、ジャケットでの描写も詳細な肖像画であるわけではない。
彼にまつわる楽曲の曲調も不確定だが、最も有力な説として、モデルはTAGではないかと言われている。

+ 伝説の神獣 最終章クリア後の閲覧を推奨する

序章

+ 序章

第Ⅰ章

+ 第Ⅰ章

第Ⅱ章

+ 第Ⅱ章

最終章

+ 最終章