※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【図書館エクゾディア】

  • 注意事項
当然の話ですが、wi-fi戦や対人戦では使わないで下さい。切断されたり嫌われたり良い事はありません。

  • 解説
封印されしエクゾディアの効果で勝利する1ターンキルデッキ。
大量のドロー効果持ち魔法カードと王立魔法図書館の効果でデッキを掘るようにドローしていく。
なお、前作や前々作でも全く同じデッキを組む事が出来る。

  • 基本的な回し方
図書館とトレード・イン黄金色の竹光でドローしたり、不要なカードを打ち出の小槌でデッキに戻す。
神聖魔導王 エンディミオンは、特殊召喚して黄金色の竹光を回収したりするために使う。
複雑に見えて意外と単純な動きのデッキなので、慣れるまで何度もデッキを回すと良い。

1ターン目で勝つデッキだが、逆に言うと「1ターン目以降に勝てない」デッキでもある。
しかもコンボ性が高いデッキなので手札事故で勝てない事も多い。
だが、このデッキの勝利は他のガチガチのデッキとは違うものがあるのも事実である。

送って良いカードは少ない。以下の5種類を墓地へ送ろう。
神聖魔導王 エンディミオン
王立魔法図書館の2枚目以降
折れ竹光の2枚目以降
テラ・フォーミング
魔力掌握の2枚目

  • 弱点
注意すべきカード 注意点
ライオウ
デッキロック
どちらもトゥーンのもくじ、テラ・フォーミング、魔力掌握の3種類を封じる。
さらにライオウはエンディミオンの特殊召喚も封じる。
死霊騎士デスカリバー・ナイト
コアキメイル・ガーディアン
神光の宣告者
天罰
図書館の効果を封じる。
エフェクト・ヴェーラー
朱光の宣告者
緑光の宣告者
手札で発動して効果の発動を無効にするので、先行を取っていても安心できない。
ヴェーラーと朱光は図書館を、緑光の宣告者は魔法を無効化してくる。
これらを使うCPUを相手にする時は手札断殺の温存などで対処したい。
使用するCPUは少ないので、事前の調査を。
他にもこのデッキにとって相性が悪いカードは多いので注意。

  • 派生デッキ【図書館爆破】
エクゾディア関連5枚、成金ゴブリン3枚を抜き、代わりにリロード2枚、無の煉獄3枚、残骸爆破3枚を入れる。
安定性は下がるが、最大ダメージ3000や効果ダメージ限定、残骸爆破等のボーナスが貰える。
ハネワタをチェーンされても泣かない。

  • 派生デッキ【図書館エクス】
エクゾディア関連5枚、テラ・フォーミング2枚を抜き、代わりに光の護封壁ライフチェンジャーマジカル・エクスプロージョンハリケーン無の煉獄3枚を入れる。
まずは光の護封壁のライフ支払いと成金ゴブリンで対戦相手とのライフ差を8000以上にする。
次にライフチェンジャーで相手ライフを3000にして、最後にマジカル・エクスプロージョンを撃つ。
こちらは低確率で6000ダメージが狙え、できなくても高いダメージは与えられる。
ハネワタをチェーンされても泣かない。

  • 合計40枚+00枚
  • 上級04枚
  • 下級8枚
  • 魔法28枚
  • 罠00枚
  • エクストラ00枚