剣を頼みます! 最強の剣を、最速のウェポンズに!



第四並行世界…西暦弐千壱拾五年、四月壱拾五日

それはウェポンズのウェポンズによるウェポンズのためのアプデ、ジーセブン


それはコンポーネントの変換作業なんだ。そこにいかに娯楽、快感を詰め込めるかなんだよ。
君が浪費した時間と金は無駄だったか、それ以上の価値を得たかがこの「遊戯〝ゲイム〟」を続ける上での重要要素さ。

六華閃舞はドゥレムや天に至る戦いでは使えない、やはり塔そのものが破壊されかねんからな…

いっそへし折ってくれてもいいのに

そういえば秘伝開眼奥義っていうのがあったけどあれとは何のシナジーもないんだね、一日一回使えるからお気に入りのモンスにぶちかまそう


「超越秘儀〝ウェポンズバースト〟」


予告された緊急メンテでソロNPC時の邪神の鼓動高速チャージが潰されリキッドファンタジアはほぼ撃てなくなった
一応撃てば相手は死ぬレベルの火力はあるにしても強化システムなんていらんものをつけたおかげで強くなりたければ聳え立つ糞の塔をやりまくる必要がある、これはもう駄目かもわからんね
MHF-G7でついに封印を解かれた神要素。
かつて世界龍を退けた初代ウェポンズマスターはこれを自己流に解読し、アカシック・レコードの中からまさに“獣”と呼べる無限の力の一部を引き出し、巨大な代償と引き換えに行使したとされる。

時が流れ、現在はHR31以上で才能があれば習得できるが、一般ハンターでは空間を破壊するほどの力はおろかG級モンスターの突進を跳ね返すのがやっとである。

習得すると秘儀ゲージが解禁され、時間経過等で蓄積される邪神の鼓動を溜めると超越秘儀を発動可能になる。

超越秘儀の効果


以下の効果が存在する。
これらは、「超越〝ウェポンズ〟」という効果と「秘儀〝バースト〟」という効果に分かれており、
その中でも最初から発現できるものと、「強化〝エクステンド〟」によって発現できるものの2通りがある。
「秘儀〝バースト〟」は使用している武器によって自動的に選択される。

【超越】
「堅陣〝クラッシュデプレッション〟」
超越化状態中、怯み無効となる
「耐衣〝エレメンタルシャドウ〟」
超越化状態中、各種属性耐性がUPする
「健脚〝ノイジートリック〟」
超越化状態中、移動速度がUPする
「快癒〝ブラッディプリズン〟」
現在の最大体力の一定数が超越秘儀発動時に回復する。自分だけでなく周囲のハンターも回復する
「専心〝インセイン〟」
秘儀ゲージが最初から少し溜まった状態になる
「鋭気〝ディープオルガスム〟」
超越化状態の発動時間が延長される

【秘儀】
「属脈【火】〝クラッシュヴェロシティ〟」
超越秘儀の発動(超越化状態)中、火属性武器の属性値が上昇する
「属脈【水】〝ショットガンプロトコル〟」
超越秘儀の発動(超越化状態)中、水属性武器の属性値が上昇する
「属脈【雷】〝サッドコラプション〟」
超越秘儀の発動(超越化状態)中、雷属性武器の属性値が上昇する
「属脈【氷】〝スロウダンス〟」
超越秘儀の発動(超越化状態)中、氷属性武器の属性値が上昇する
「属脈【龍】〝モノクロームトリガー〟」
超越秘儀の発動(超越化状態)中、龍属性武器の属性値が上昇する
「属脈【無】〝パラドックスジャベリン〟」
超越秘儀の発動(超越化状態)中、無属性武器のダメージが上昇する

なお、「堅陣」「健脚」「快癒」は秘儀ステータスでロック状態にすることで無効にできるので非秘伝飯の火事場でも安心。
その他の項目も、ロックすることで強化を止めつつ使うことができる。

「六華閃舞〝リキッドファンタジア〟」


超越秘儀の発動中のみ放てる可能性がある究極の大技が、この「六華閃舞〝リキッドファンタジア〟」である。
発動条件は「超越秘儀発動中モンスターに一定ダメージを与えること」。要は発動したら殴れ。
攻撃していくと棍の龍気のようにモンスターに該当属性のオーラがたまっていき、
条件を満たすと超越秘儀のアイコンが六華閃舞のアイコンに変わり、アイテムを使うように六華閃舞を発動可能となる。

この六華閃舞のゲージはハンター全員で共有されているため、

使いたいなら全員で同時に秘儀発動して皆で殴れ。
複属性やハンター自身の属性が異なっている場合(雷極属性の武器を持った褐色金髪ツインテ幼女と天翔属性の武器を持った隻眼ガチムチハゲオッサンが混ざっている等)にはどうなるのかは不明だが、
ファミ通などによると「その時点で最も蓄積されている属性」が対象となるようである。

六華閃舞は条件を満たせば超越化中の誰が放ってもいいが、六華閃舞を放つとあまりの威力に身体が耐え切れず、自分の意思とは関係なく生存本能が優先されるため超越化が強制解除されてしまう。
ウェポンズならば六華閃舞を放っても超越秘儀を維持できる可能性はあるが、死んでしまっては元も子もないので非推奨。クエが失敗になるぞ
六華閃舞は自身をアカシック・レコードと連結しチャージからの発動モーション自体にも大きな隙があるため、状況を見て隙を狙わないと外れる可能性がある。
ウェポンズならばフィールドそのものを全て焼き払うことも容易だが、「ハンターは必要以上の殺戮・破壊行為をすべきではない」というギルドのオキテがあるためこれも非推奨。
ちなみに万一外した場合、他のハンターが再度六華閃舞を当てることはできるが、負荷は倍加する。
大剣だと必死に殴ってギリギリ発動できるか、くらいなのに双や空中棍コンボ、必殺タメイチカクサンだと高速で撃てるようになるらしい


属性ごとに効果が異なり、全部で以下の通常属性6種類が存在する。

六華閃舞【火】〝ヴァニシングブレイカー〟
敵が爆発炎上し、炎上中は数秒ごとに怯ませる。相手は死ぬ。
六華閃舞【水】〝パラレルサーフィス〟
敵の肉質が軟化する。相手は死ぬ。
六華閃舞【雷】〝ショットガンデリート〟
敵を瞬時に痺れさせ動きを封じる。一定時間麻痺の蓄積値が溜まる。相手は死ぬ。
六華閃舞【龍】〝クリムゾンクライシス〟
敵が内側から大爆発を起こし、一定時間めまいを繰り返し引き起こす。散龍氷嵐の属性違いに近い。相手は死ぬ。
六華閃舞【氷】〝フリージングジャンキー〟
敵が凍り付き、一定時間完全に氷像になる。凍らない敵も凍る。命中したその時点での動きを維持する。相手は死ぬ。
六華閃舞【無】〝ディアボロ〟
断続的な閃光やられ状態になる。相手は死ぬ。

ユニーク度としては
唯一性能の氷>>(効くなら)いっぱい麻痺する雷>ショクモツレンサの頂点である龍>主人公属性の火>どこにどのくらい効くのか分からない水>>>>無

またこれらの状態異常についてはまだ不完全であるため「効かない敵には効かない」ので、
閃光無効のモンスターは六華閃舞【無】の閃光やられは効かないし、麻痺無効のモンスターには六華閃舞【雷】が効かない。
また、メゼポルタ地方には特定の状態異常で面倒なことになるモンスターも数多く居るので、敵をよく観察してから叩き込め!

ちなみに火属性の六華閃舞なら発動時に叫ぶ技の名前はリキッドファンタジア=ヴァニシングブレイカー、龍属性ならリキッドファンタジア=クリムゾンクライシスとなる
バーストから一気にカタをつける究極奥義の場合は…

例)火属性の場合

万物(すべて)を透過せし祈り、幻術(ゆめ)と空想(まほろば)の映し鏡

大地が眠り空が踊る、始まりの焔(ほのお)…

業火の底より顕現せし剣(つるぎ)、結合(いま)と断絶(みらい)の魂よ

境界の狭間より今絶対なる力を我に示せ

「〝クラッシュヴェロシティ・リキッドファンタジア=ヴァニシングブレイカー〟ッ!!!」

となる

ククク…さあ、地獄を見せようか
|