漫画作品『星のカービィ デデデでプププなものがたり』の作者である小学館の漫画家・ひかわ博一氏が単行本23巻の作者コメントにて、まるで遺書のような意味深で切ない言葉を残したという話がヒットする。ちなみにこの単行本が出てから一年経たないうちに漫画の連載は終了した。以降漫画家としての活動はしていない。

これに関連して、小学館の担当編集者がひかわ先生を罵倒し続け精神疾患にさせたという事件に関する噂話が存在する。
ひかわ氏の漫画作品では、24巻の最初辺りからキャラクターや背景の作画における手抜きが目立つようになっていると同時に、その手抜きがみられるようになったころと同時期に23巻で問題のコメントを残していることから、作者が編集担当からパワーハラスメントを受けていたという可能性が指摘されている。

…という話が長らく漫画家界の闇を象徴するエピソードとして語り継がれていたが、近年になって自称元アシスタントがブログにひかわ先生の精神疾患を否定する記事を書きこれがファンの間で真偽をめぐり話題になった。
そして2017年6月発売の月刊誌「ゲッサン」7月号にてひかわ先生本人の口から小学館の恫喝と精神疾患がデマであることが正式に語られた。

なので現在では「カービィ 空を見上げる」自体は別に検索してはいけない言葉でもなんでもない。しかし上記の雑誌でひかわ先生が語ったデマの真相はかなり衝撃的なものであり、彼と作品を知る人達は騒然とした。
記事の趣旨から外れると思われるのでここに詳細は記述しないが、真相を知りたい方は各々調べて欲しい。
今では真相の方が検索してはいけない言葉…に近いかもかもしれない。


分類:非常識
危険度:2

コメント

  • 今ではデュエマのカードを1枚描いているゾ。 -- (ナス) 2018-09-09 12:37:41
  • 今は色々吹っ切れたのか漫画をまた描き始めたみたいね。まぁひかわ先生が元気そうでよかったよかった -- (名無しさん) 2018-12-24 00:49:10
  • 子供のころ唯一全巻集めて文字通り穴が開くまで読んだ漫画が、序盤の巻以外もうほとんど別の人が書いてたようなものと知って別の意味でトラウマっす -- (名無しさん) 2019-01-04 05:47:38
  • *1))))) -- *2)))))) 2019-01-04 16:44:23
  • 作画の件は最近の漫画で自らネタにするぐらいのメンタル、つよい -- (名無しさん) 2019-03-28 01:12:37
  • 小学館の編集に潰されたというのは嘘でモチベーションが下がったため10巻あたりから、作画をアシスタントにほぼ任せていた    ? -- (名無しさん) 2019-03-30 14:49:24
  • 鬱病の人がギャグ漫画なんて描けるのか?とは真相判明前からも思ってたけど -- (名無しさん) 2019-05-04 23:12:17
  • 真相は知らない方がいい -- (名無しさん) 2019-06-03 00:15:59
  • 株か何かで一儲けしてやる気がなくなっただけ…ていうのはどこかで見たな -- (名無しさん) 2019-06-16 16:05:34
  • ↑正解 10巻前後くらいで株取引の方が漫画の収益を超えてしまって、一気に漫画に対する情熱を失ってしまったらしい -- (名無しさん) 2019-06-30 22:08:21
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る