検索してはいけない言葉に匹敵する映画のまとめ


作品名 説明
オールナイトロング 虐待、異常性癖、殺人をテーマにした日本のスプラッター作品。残酷描写が多くR指定されている。
ドラえもんのび太のパラレル西遊記 のび太達5人がタイムマシンで元の時代に戻ると、そこは妖怪の世界になっており、のび太たちの家族や知人も全員妖怪になっていた。
ブレインデッド ホラー映画の中で最も擬血が使われてると言われている作品。腕を切断するシーンはネガポジ反転処理されている。監督はピータージャクソン。
ホーンテッドマンション 主人公家族が999人の亡霊が住む屋敷に迷い込んでしまう。ディズニー映画史上最もホラー要素が強い作品。
女虐 痛みを快感にしてしまう薬により、自傷行為に及んでしまうというストーリー。目にフォークをさして抜き取り食すシーンは有名だろうか
真紅の処刑人 イタリアの拷問を題材にした映画。拷問シーンですらギャグに変えてしまう作品でYouTubeにもUPされている。
SAW 人気のあるホラーサスペンススプラッター映画。足首を自分で切断するシーンや腐った豚の液体に沈められて殺されるシーンなど過激でトラウマに成るようなシーンが多い。
血のバレンタイン かつて大規模な事故が起こった鉱山でバレンタインデーパーティーを行っていた若者達が、次々と鉱夫の恰好をした何者かに殺されていく「13日の金曜日」的映画。のちに発売されたビデオからは残酷シーンが大量に削除された。
HOUSE ハウス 女子高生のお嬢様が夏休みに、父と別荘に行くはずだったが父の再婚相手に反発して、演劇部の仲間達を誘い親戚のおばちゃまのお屋敷に遊びに行く。しかし次々と屋敷に食われる‥という映画
恋人たちの晩餐 サプライズでうやったがゲイの恋人と付き合っている男性と口論になり激怒して口論相手の男性を台所にあった包丁で突き刺しその男性の睾丸を食べる…という鬼畜な映画。