ナビ ◆hqLsjDR84w



 ◇ ◇ ◇


「だいぶ今さらやけど、温泉ちゅーのは身体洗うだけのもんちゃうねん」

 佐野清一郎が笑みを浮かべながら語っているが、すぐ横のコロンビーヌは返答しない。
 目蓋を半分だけ開けて、呆れたような視線を向けるだけだ。
 というのも、佐野という少年はこれまでひたすら一人で喋り続けていたのだ。
 歩きだしてからずっとである。
 話題は変わらず、温泉トークばかり。
 同行して以来、口を開けば温泉。さながら温泉特集である。
 興味があるものならばともかく、大して知りも知らないことをこうも語られても、なんていうか、困る。
 コロンビーヌでなくとも、そう思うだろう。

「ロボットやから分からんかもしれんけど、体調よくするのに役立つのもあるんやで。
 だいぶむかしから医療に使われたとかなんとか。
 肩こりだの、腰痛だの、そーゆーのはメジャーやな。まあ俺はまだ若いから効果あんのか分からんけど。
 でもなんや、あのどーみゃくこーかーだの、血圧どーたらこーたらーみたいなん。
 あんなんの予防になるとか聞いたら、なんか違う気ぃするで。
 こう、上がったときに身体の奥のほうから、なんかあったかいのが湧いてくるっちゅーか。って、まあそれは温泉つかってたから当たり前やけどな!」

 かっかっか、と高笑い。
 温泉の話題とは対照的に、向けられる視線がどんどん冷えていくが佐野は気付かない。
 なぜ、こんな男についてきているのか。
 もう何度目かになる疑問が、コロンビーヌのなかに浮かぶ。
 こうも熱狂的に語っているのだから、遠ざかってもすぐにはバレないだろう。そもそもいつまでも一緒にいるつもりではない。
 と考えて、コロンビーヌは傍らにいる男を見上げる。

「だいたい、女の子置いて盛り上がるなんて信じられなーい」

 この茶化すような声も入ってこないようで、佐野はまだ一人で笑っている。
 そんな様子を見ても、しかしコロンビーヌは去らなかった。
 いつでも別れられる相手なのだから、わざわざ急がなくてもいい。
 それに、コロンビーヌには目的などない。
 佐野とは違って、コロンビーヌにはない。
 仮に佐野が言っていた『空白の才』を手に入れようとも、空白を埋めることができない。
 だからこそ、同行を続けるのだ。
 こうして歩む目的を持つ佐野とならば、生存目的を失った自動人形(オートマータ)でも生きる目的を見つけられるかもしれないから。

「あーらら、到着しちゃったじゃない」

 歩き出してすぐのころ、佐野は地図を開いて近くにある公園に向かうことを提案した。
 コロンビーヌが辟易としている間に、どうやらもう着いてしまったらしい。
 とはいえ、またしても語りを再開した佐野はまだ気付いていない。
 彼に声をかけながら、コロンビーヌが公園内を見渡すと二つの人影が映った。
 才賀勝くらいの年に見える少年と、成人と思われる女性。
 ぎったん、ばっこん、と。
 音を立てながら、遊具で遊んでいる。

「こんな状況であんな音立てて……アホやな、アイツら」
「アナタには言われたくないんじゃないかしらぁ」



【E-2 公園前/一日目 黎明】

【佐野清一郎】
[時間軸]:不明。少なくても犬丸が地獄に落ちてから
[状態]:健康
[装備]:佐野の手ぬぐい@うえきの法則
[道具]:ランダム支給品1~3、基本支給品一式
[基本方針]:仲間たちとともに脱出する。コロンビーヌについていく。
※佐野の手ぬぐいは支給品ではなく、最初から装備してました。


【コロンビーヌ】
[時間軸]:本編で活動停止後
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:ランダム支給品1~3、基本支給品一式
[基本方針]:さすらう。『生存目的』を見つけ出す。
※アポリオンは使用可。制限されているかどうかは不明。



投下順で読む


時系列順で読む


キャラを追って読む

013:ロスト コロンビーヌ 061:天才アル・ボーエンの仲間達
佐野清一郎






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー